Archive for the ‘架台’ Category

スカイメモSに自作赤緯体を追加して、なんちゃってドイツ式赤道儀

月曜日, 2月 13th, 2017

本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星も気になるところですが、生憎の満月期と悪天候が重なってしまい(涙)、今回の週末は工作に勤しんでおりました。

と言う訳で自作したのは赤緯体?です。
もちろん純正品に「微動台座&アリガタプレート」が有り、さらにはビクセンのポラリエ用「スライド雲台プレートDD」なんかも流用出来そうな気がするんですけど、どちらとも自分とっては高額で(汗)、何とか手持ちのものを組み合わせてドイツ式赤道儀風を実現できないものか…、と工作してみました。

素材は何年か前にオークションで購入したアリガタプレートと工作箱に転がっていたアルミの端材です。穴あけとタップ加工をして組み合わせてます。加工内容はM6のタップが2ヶ所、M8のタップが1ヶ所、φ7のバカ穴が3ヶ所で、片づけを含めて概ね2時間で完了しました。

アリミゾの長穴から向こう側が覗けるので、極軸の確認ができるようになりました。

ウエイト軸はM10の200ミリの長ネジですが少し長すぎたみたいです(笑)。画像のウエイトは以前のポタ赤のものなので新しく作り直そうと材料の手配中だったりします。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

巨大ポタ赤を昭和レトロにリニューアル(笑)

火曜日, 4月 14th, 2015

今まで自動車に常時積みっ放しだったの超巨大なポタ赤でも特に困りませんでしたが、最近、バイクに載せてキャンプに行くという野望がムクムクと頭をもたげてきたため、小型化を目指してリニューアルしてみました。

という訳で、こんな感じです。
SP赤道儀(改2)

雲台やらウエイトを取り付ける部分をアルミ製から木製の「コの字」型にしたのと、屈折望遠鏡用の木製三脚から(たぶん)反射望遠鏡用の脚の短いアルミ三脚に変更しました。以前は象が踏んでも壊れないような丈夫さでしたが、何しろ木製なので人が踏んだら壊れると思います(笑)

ビクセンのSP赤道儀と言えばベストセラーだったGP赤道儀の更に1世代前なので機能的に劣るような気がしますが、実はGPよりも機能的には優れた点も多々ありました。アリガタ、アリミゾ化されたのはGP赤道儀からなので汎用性には乏しいかもですが、高度調節機能が元々備わっていたり、水準器が付いていたりと赤径体をポタ赤化すると美味しいです。もちろん極軸望遠鏡も仕込めますし。
高度調節と水準器

どのあたりが昭和レトロと言うかですけど、まあSP赤道儀自体が80年代なのでバリバリ昭和の遺物なのですが、それは置いておいて、木製の「コの字」部分の補強の仕方が昭和チックな雰囲気になったからでした。今どきなら金属製でしょうし、それに使用した木ネジにも拘って(笑)、飾りを兼ねて真鍮製で、載せてる自由雲台も良い感じに錆びてます。
拡大写真

肝心の大きさですが、下の画像のような感じです。
まだバイクに載せて試した訳ではないですが、ぎりぎり何とかなりそうな気がします。
残る問題は電源です。一応、バイクにはシガーソケットを取り付けてあるので電源はとれますが、何しろ旅先でバッテリが上がってしまったら最悪ですからねえ…、この手は使いたくありません(汗)
ばらした図


ランキングに参加しています。記事が気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

日曜工作でアリ溝プレートを改造

日曜日, 4月 7th, 2013

アリ溝プレートを改造中

改造と言うほど大げさな工作でもないですが(苦笑)、アリ溝プレートの鏡筒を固定するための両端を金ノコで切り落とし、プレート上の2つの穴にM8のタップを加工しました。上の画像はタップ加工中の様子です。タップを加工した後は手を切らないようにヤスリで面取り加工をし、1時間くらいで工作は終了しました。

下は完成後のアリ溝プレート(改)です。
もちろんこれと同様のモノも市販されています。しかし見かけに拘らなければアリ溝プレートを加工することで、安価に入手することができます。
アリ溝プレート(改)

それでこの改造アリ溝プレートの使用目的は…
アリ溝プレート(改)の使い道
ミニボーグ50の鏡筒バンドを取り付ける為なので両端部分があっても特には問題は無いですが、これがあると邪魔だったので(笑)、これでスッキリできました。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

金環食の機材チェックと予行演習

水曜日, 5月 9th, 2012

今日の午前中は雷鳴がなったりして荒れた天気でしたが、午後から久しぶりに晴れたので再来週に迫っている金環食の機材のチェックを行いました。

鏡筒はケンコーの63-800を使い、対物レンズ前にボーグのD5フィルターを使います。今までも太陽の撮影に使っていたので、そこまでは何の問題もありませんでした。しかし午後3時くらいから始めたチェック作業は散々な結果でした。

自動導入のSE2赤道儀を使うと色々と問題が起きそうなので、1軸駆動のGPD赤道儀を使おうと引っ張り出しました。ところがモータードライブは外したままだったので取り付けようとしたらサイズの合う六角レンチがなかったり、2個セットで使う駆動用の歯車が1個しかなかったり、歯車を探し出して取り付けようとしたら、やっぱりレンチがなかったり…、と。探し回って必要な全てを見つけましたが、これが前日とかだったりしたら、もうパニックだったかもしれません(苦笑)

それで肝心の太陽もテスト撮影しました。

撮影直後にカメラの液晶画面で見た限りでは適正露出っぽい感じだったんですが、パソコンに取り込んで確認すると、かなりアンダー気味です。これも要チェックで、一段階露出を考慮してやらないと眠い太陽になってしまいます(汗)

もちろんチェックしてみて安心できた事も有りました。
かなり適当に方位磁石を使って極軸を北に向けただけですが、少なくとも10分くらいは太陽が写野に留まってくれそうな感じです。日食の時は5分毎くらいに食の様子を撮影したいのですが、頻繁に調整してやる必要はなさそうです。

それと個人的なことですが、再就職先が決まりました。給料の〆日の関係もあって初出勤の日が日食の当日になってしまいました。食の最大までは何とか見届けられそうですが、さすがに絶対遅刻できないのでスリルいっぱいの金環食になりそうです(笑)


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ゴミ…かな(苦笑)

月曜日, 4月 16th, 2012

上の写真は某リサイクル店のジャンクコーナーで見つけた、ビクセンのAL三脚の残骸です。状態は架頭部分が無くて、三脚の開き止めが一部破損しています。破損と言っても三脚と開き止めを繋ぐピンが欠品しているだけなので細いボルトとかで代用は出来そうです…。

1000円で若干のお釣りがくる値段だったので、即引き取ってきたのですが、よくよく考えてみると使えそうで使えなさそうで、とても微妙なのでした。これは大きいのでジャンク箱には入りません(苦笑)


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村