Archive for the ‘機材’ Category

NEEWER 8mm F/3.5非球面HD魚眼レンズ

火曜日, 1月 9th, 2018


カメラに取り付けると、こんな感じになります。
レンズの下に置いてあるのが専用のキャップです。プラスチック製のフードとキャップの塗装は悪く、ひょっとするとこんな塗装もあるのかもしれませんけど微妙にダマになっている感じがします。このあたりは本体のレンズには関係ないのでコストダウンの結果かもしれません。

カメラに装着する部分です。
金属っぽい色ですが、樹脂製のようです。前玉もこの場所もフィルターを装着するようには出来てません。このあたりも値段相応の仕様だと思います。

 
 
 
で、ここから先はレンズの個体差があるかもなので、参考程度の話なのですが…
 
魚眼レンズなので無限大に合わせるのが難しいです。星像を見ると∞マークまで合わせても、どうもピントが甘い。どうしたものか、と思案したんですが、合わないものは仕方ないのかな、と思った時、ひょっとしたらと。

ラバーをひっくり返してみると、1個の小さなネジがありました。これを外すとアラ不思議、∞を通り越して、まだ回ります。

何度か試写した結果、これくらいで一番星像がシャープな気がしました。ほんとに微妙なんですけど。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたらポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

豊田市総合野外センター、東駐車場の朝

土曜日, 3月 18th, 2017

3月17日夜、豊田市総合野外センターの東駐車場まで出かけました。
明るく大きな月齢19の月が空に輝いていましたが、水曜日に届いたラーメン鍋を試してみたかったので(笑)

夜のお供の鏡筒は一昨年に店頭展示品ということで半額程度の安価で入手したスカイウォッチャー社のBKMAK127SP(12.7cmF12マクストフカセグレン式反射鏡筒)です。今までベランダで月を眺める程度にしか使ってませんでしたので、これが野外初デビューになりました。

さて肝心のラーメン鍋です。
いつもはオートガイド用のノートPCを載せる折り畳み椅子が昨夜はテーブルに化けました。真夜中には強い風も納まり、お湯を沸かして熱いコーヒーなど楽しめました。インスタンドですけど暖かい飲み物は寒い夜には何よりも美味しかったです。

撤収直前に食べたインスタント麺。
ラーツー(ラーメンツーリング)と言う言葉(バイクでツーリング先に向かい現地でカップ麺を食べること)がありますが、ラーツーならぬラー天な夜になりました(笑)

夜が明けると鶯(ウグイス)が盛んに鳴いてました。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スカイメモSに自作赤緯体を追加して、なんちゃってドイツ式赤道儀

月曜日, 2月 13th, 2017

本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星も気になるところですが、生憎の満月期と悪天候が重なってしまい(涙)、今回の週末は工作に勤しんでおりました。

と言う訳で自作したのは赤緯体?です。
もちろん純正品に「微動台座&アリガタプレート」が有り、さらにはビクセンのポラリエ用「スライド雲台プレートDD」なんかも流用出来そうな気がするんですけど、どちらとも自分とっては高額で(汗)、何とか手持ちのものを組み合わせてドイツ式赤道儀風を実現できないものか…、と工作してみました。

素材は何年か前にオークションで購入したアリガタプレートと工作箱に転がっていたアルミの端材です。穴あけとタップ加工をして組み合わせてます。加工内容はM6のタップが2ヶ所、M8のタップが1ヶ所、φ7のバカ穴が3ヶ所で、片づけを含めて概ね2時間で完了しました。

アリミゾの長穴から向こう側が覗けるので、極軸の確認ができるようになりました。

ウエイト軸はM10の200ミリの長ネジですが少し長すぎたみたいです(笑)。画像のウエイトは以前のポタ赤のものなので新しく作り直そうと材料の手配中だったりします。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

K型経緯台/スカイメモS/回転防止の安全策

日曜日, 2月 12th, 2017

スカイメモSにアリガタを取り付けてミザールのK型経緯台に載せて使い始めましたが、結局のところカメラネジ1本でしか固定していないので若干不安が残ります。

それでスカイメモSの裏側を何気なく見ていたら、右端の穴(凹み)がミザールの小型アリガタの端の穴と同寸法の位置にあることに気がつきました。

アリガタにはM6のボルトを通すためのφ7くらいの穴が開いていたのでM8でタップ加工。

先の尖ったホーローセット(イモネジ)を工具屋さんで買ってきまして、アリガタにねじ込みました。するとこんな感じになります。

カメラネジが少し緩んでいてもイモネジの突起に引っかかって止まるので、これでズルっと回転してしまう恐れは無くなった気がします。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

回転花火銀河M101と黒いシミ(涙)

水曜日, 2月 8th, 2017

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2017年02月04日 02時54分~、ISO1600、300秒8枚合成
撮影機材:EOS kissX3(改)、BORG77ED+レデューサー0.85xDGL+LPR-N
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県豊田市、総合野外センター

おはようございます。
2月3日夜に撮影した画像です。周辺減光とかで質の悪くなっている左右を省いて縦方向だけをそのまま生かして正方形にトリミングしていますが、トリミングしているのは実はそれだけではありません。

一つ前の記事M13みたいに光量がたっぷりある対象なら大丈夫なのですけど、画像処理で淡い銀河を炙り出そうとする時、よ~く見ると黒いシミみたいなものが左右に表れるのです(涙)

よく見ないと分からない…、と言えばそれだけの事なんですが気になりだすと気になって仕方ないのが悩みです。


こんな感じで中央のみ切り出すとパッと見た目には良いのですけど、星像が甘いのが一目瞭然ですし(苦笑)

P.S
本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星を狙おうと思って早起きしたのですが、雲の間に星が幾らか見える程度の空模様だったので断念しました…


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村