Archive for the ‘カメラ’ Category

謎の翳り現象

土曜日, 5月 25th, 2013

謎の翳り現象

上の画像そのものは4月8日早朝に狙ったパンスターズ彗星なのですが、タイトルの『謎の翳り現象』とは、いっこうさんのブログでも話題になっていた画像下部に表れている影というか暗い部分です。古いカメラを酷使しているので、シャッターが動作不良でも起こしているのかなあ…、と思いながら、この黒い影が現れているものは没画像として削除してました。

同じ対象を写した前後する画像では『翳り現象』が起きていないので、地上の物体が邪魔しているとは考えられません。数か月に一度程度の頻度で発生しています。原因が不明なだけに気味が悪いですし、カメラの寿命とも考えられるので別のカメラも検討しているのですが、なにしろ発生頻度が低いので今のところは傍観状態です。う~む…。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

お散歩用カメラと撮影風景と

土曜日, 1月 5th, 2013

撮影風景

おはようございます。
昨夜は非常に寒い夜でしたけど、きれいに晴れていたので大晦日の夜に続いてSC64フィルターのテストをしていました。これだけ晴れていたら遠出をしたいところてすが、昨夜の場合は日付が変わる頃に下弦の月が昇ってくる状況だったので、じっと我慢の夜でした。

さて、上の画像は新しく購入したキャノンのコンパクトカメラで撮影しています。
これまではデジタル一眼を持ち歩いていましたが、スッと出してサッと撮る…、という状況にはほど遠く、かばんをガサゴソしてカメラを準備する有様でした(苦笑)。それで上着のポケットに入れて持ち歩き、万が一、ぶつけたり落としたりして壊れても後悔しなくて済む値段ということで、PowerShot A3400ISを選びました。もちろん新品で8GBのSDカードと一緒に買っても8000円でお釣りがくる値段です。
PowerShot A3400IS

冒頭の撮影風景のような夜景はもちろん、最高15秒までのコンパクトカメラとしては長時間露光もできるので、それが購入の決め手になりました。三脚さえ持っていれば、ちょっとした星景色写真まで撮影できそうです。

撮影条件[広角端、ISO1600、15秒露出]
おうし座とオリオン座

ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今年最初の撮影風景

火曜日, 1月 1st, 2013

明けましておめでとうございます。
昨年末は雨が降り続いて肌寒い日が続いていましたが、ようやく大晦日の夜になって晴れました。それで除夜の鐘を聞きながら準備を進め、今回、新しく導入したSC64フィルターのテストを決行しました。

まずは撮影風景です。
架台は今となっては超巨大ポタ赤とでも言うしかない(笑)、お馴染のSP改です。場所はいつものゲートボール場で、月明かりと街灯のダブル攻撃で懐中電灯は全く不要な環境です。そして寒くなったので三脚はアルミ製から木製のものに変更しました。金属製の三脚は触れると非常に冷たいので、木製のほうが手に優しいです。
撮影風景

撮影に使ったカメラです。
アルミのカットシートが余っていたのでレンズ用のものも作りました。SC64フィルターを付けると、ほとんど何も見えなくなってしまうので構図決め用に、大昔の外付け光学ファインダーを取り付けてます。ちなみにこれは大掃除の戦利品です(笑)
使用したカメラ
外付けファインダー


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

その後の「EOS KissX2用自作外部モニター、3.5吋バージョン」

日曜日, 12月 30th, 2012

下の画像はTELさんからご質問がありました「EOS KissX2用自作外部モニター、3.5吋バージョン」の今の様子です。中身の様子が分かるように片方のアルミの固定板を外してあります。
EOS KissX2用自作外部モニター、3.5吋バージョン

中身の基盤と液晶パネルは以前も紹介したaitendo3.5インチ液晶セットで、コネクターから2本延びているケーブルの片方だけを使い、もう片方はケース内でブラブラして邪魔だったのでコネクターから外しました。

もともとセットに付いていた端子ではケースに固定し難いので、電子パーツ屋さんでX2付属のケーブルが挿せるような端子を購入して半田付けしてからケースに穴を開けて固定しています(下の画像では黄色と黒のケーブルです)
EOS KissX2用自作外部モニター、3.5吋バージョン
X2のカメラ本体と結ぶのケーブルですけど、これはオリジナルが長すぎたのでオーディオ用のケーブルを切断して片方にモノラルのプラグを半田付けして使ってます。

赤と黒のケーブルは電源のケーブルで、取り扱いの簡単さから一般的な2.1φDCジャックパネル型に半田付けして使ってます。これはケースに穴を開ければ簡単に固定できます。実は最初は乾電池ボックスから給電しようと思い2.1φDCプラグも購入しました。しかしファインダー流用のガイド鏡を作った時の100円ショップのリューターの電源ボックスがちょうど使えたので、それをそっくり流用しています。

中身は単三乾電池4本で6Vです。
モニターとしては短時間しか使わない事もありますが、電力の消費も少ないようで、最初に入れた乾電池のままで何度も繰り返し使えています。
100円ショップのリューターの電源ボックス

最後に制御基盤と液晶パネルの固定方法です。
モニターの筐体として使っているテイジン電機製のモールドケースTB-3は裏蓋を固定する以外にも、2枚目の写真に写っていますが、ケース内で基盤を固定するための柱が立ってます。そこの上に液晶パネルを置いてますが、そのままではガタつくのでホームセンターで売っているスポンジゴムを挟んで、スポンジの弾力で固定しています。

制御基盤も実質的には固定していません。少し乱暴ですがケース底面に両面テープを使って固定しています。そして念のため、剥がれ防止用に液晶パネル下のスポンジゴムの下に丸めたスポンジゴムを入れて押えるような形にしています。多少乱暴に扱ってもスポンジゴムの弾力は効果的なようです。
5ミリ厚のスポンジゴム


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

帰ってきた、Kiss X2

日曜日, 9月 23rd, 2012

酷使したため故障し、修理に出していたKiss X2が帰ってきました。サービスセンターに持ち込んだ当初の話では月曜以降の修理完了予定だったので、2日ほど早く帰ってきたことになります。

肝心の修理代金は代引きの送料込みで10920円でした。修理出す前は全く気づいていなかったんですが、フォーカシングスクリーンに傷がついていたらしく、こちらは無償で交換してくれたようです。

それでこのカメラの今後なのですが、X2は数世代前の古いカメラですけどノイズも少なく気に入っているので、天文用の改造に出そうかなあ…、なんて思ってます。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村