Archive for 11月, 2011

かみのけ座の銀河 M98、M99、M100

水曜日, 11月 30th, 2011

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2011年11月30日 04時22分~、ISO800、360秒露出4枚合成
撮影機材:EOS kissX2(改)、SIGMA APO TEL MACRO 300mm F4 + LPS-P2
撮影場所:愛知県豊田市、豊田市総合野外センター東駐車場

11月30日早朝に撮影した、かみのけ座の銀河M98、M99、M100です。
近くにある同じようなサイズのNGC4216も構図に入れたかったので、3個のメシエ天体は中央からズレてます。下の星図のように、ほとんど星座の境界線上あるのでNGC4216は、おとめ座に含まれます。

昨夜は一旦寝ましたが目が覚めてしまい、窓の外を眺めたら星が見えたので、これだけを撮影に出かけました。撮影時間を合わせて3時間ほどの夜遊びです(笑)

実はこのメシエ天体3つは、短めの焦点距離のレンズで撮影しようと予め決めてました。ウィキペディアのM98の項には、”1781年ピエール・メシャンによって発見された。M98、M99、M100はメシャンによって同時に発見されている“とあります。この『同時』という点に興味を惹かれて、それじゃ3つまとめて一緒に撮影してやろう…、と思ったのが動機です。

上の画像では、どれがどの天体なのか分からないので、ステラナビゲーターに画像を貼り付けてみました。画像を横切っている紺色の線が星座の境界で、左側が「かみのけ座」、右側が「おとめ座」です。

[画像をクリックすると大きく表示されます]

さすがに詳細までは分かりませんが、それぞれの雰囲気だけは分かるので写っている主要な天体を切り出してみました。

まずM98です。渦巻銀河を斜めから眺めているようです。

次いでM99。
フェイスオンの渦巻き銀河ですが、腕が一本だけ目立ってます。

そしてM100。
こちらもM99と同様のフェイスオンの渦巻き銀河ですが、こちらの方が均整がとれた姿で写りました。右側の小さな銀河がNGC4312です。写野の周辺部なので星像が歪んで写っています。

メシエ天体に入っていても不思議ではないNGC4216です。
エッジオンの銀河で、左右にもエッジオンの銀河が並んでます。

最後は近接ペアのNGC4298とNGC4302です。
丸い銀河がNGC4298、長細い方がNGC4302です。

おとめ座付近のメシエカタログに含まれる銀河は楕円銀河が多くて特徴のない地味なものが多いですが、この3個は個性があって拡大して撮影してみると面白そうです。

この3個で撮影済みのメシエ天体は89個になりました。撮影済みのメシエ天体一覧表はこちら


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

りょうけん座の銀河M63 (ひまわり銀河)

火曜日, 11月 29th, 2011

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2011年11月26日 03時33分~、ISO1600、600秒露出4枚合成
撮影機材:EOS kissX2(改)、Vixen 102M+CLOSE-UP AC No3+LPS-P2+L41
撮影場所:愛知県豊田市、豊田市総合野外センター東駐車場

11月25日夜のビクセン102Mと簡易レデューサーの組み合わせテストの第4弾は、ひまわり銀河M63です。メシエ天体で未撮影だったM63が木立の上に昇ってくるのを待って撮影しましたが、4枚目の撮影終了時で高度は35度ほどしかなく、低空に広がっていたモヤの影響を受けているようです。

固くギュっと巻いたような銀河の渦が、ひまわりの花の内側にも見えるので、この愛称が付いたのでしょうか。

下は上の画像を切り出す前の元画像をそのまま縮小しています。

これで撮影済みのメシエ天体は86個になりました。もう少しすると春の銀河が撮影可能な時間帯に昇ってくるので待ち遠しいです。
撮影済みのメシエ天体一覧表はこちらです。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

いっかくじゅう座のクリスマスツリー星団とコーン星雲

月曜日, 11月 28th, 2011

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2011年11月26日 00時29分~、ISO1600、600秒露出4枚合成
撮影機材:EOS kissX2(改)、Vixen 102M+CLOSE-UP AC No3+LPS-P2+L41
撮影場所:愛知県豊田市、豊田市総合野外センター東駐車場

これも25日夜に撮影した102Mを使った試し撮りシリーズの画像です。
派手に青ハロが出ていますが、実際に青白い星が多いので、ステライメージのデジタル現像のオプションの色彩強調マスクを弄って、このようにしてみました。通常は触ることのないオプションなので普通に画像処理していれば、これほどは目立ちません。

NGC 2264と単独の番号で呼ばれていますが、このあたり一帯の赤い星雲やクリスマスツリー星団と呼ばれる青白い星団も含めての番号だそうです。

実は構図を少し失敗しました(苦笑)
撮影前に準備したメモでは中央の明るい星から真下方向にコーン星雲がくるような構図になるはずでしたが、導入後にカメラを回転させるのを忘れたまま撮影してしまいました。その結果、クリスマスツリーが時計の8時方向に伸びるという変な構図になってます。

この夜はテスト目的で色んな対象を撮ってみたかったので何も考えずに共通して10分露出を4枚撮影してコンポジットとしましたが、結果を見ると露出不足だったようです。これも無理やり画像処理で赤い星雲を浮き立たせてみましたが、露出時間が明らかに足りないようで発色が悪いです。

あと約1ヶ月するとクリスマスなので、それまでには撮り直してみようと思ってます。

下はコーン(円錐)星雲付近のアップです。
ちなみにこのコーンは「とうもろこし」ではなくて円錐ですね。道路工事現場に並んでいるあのコーンです。色彩強調マスクを弄らないで処理した画像から切り出しているので、上の画像とは赤い星雲の発色が少し違います。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

おおくま座の銀河ペア、M81とM82

日曜日, 11月 27th, 2011

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2011年11月26日 02時18分~、ISO1600、600秒露出4枚合成
撮影機材:EOS kissX2(改)、Vixen 102M+CLOSE-UP AC No3+LPS-P2+L41
撮影場所:愛知県豊田市、豊田市総合野外センター東駐車場

11月25日夜に撮影した、おおくま座の銀河ペアM81とM82です。
構図をよく確認せずにセンターを外したまま撮影してしまったので(汗)、2つの銀河がバランスよく収まるように80%ほどの大きさで切り出しました。

以前も同じ対象を撮影していますが、今回はビクセンの古いアクロマート鏡筒102Mで撮影しました。クローズアップレンズの簡易レデューサーを使って約815mmの焦点距離になっていますが、ちょうどいい感じで2つの銀河が収まります。

たまたま同じ方向にあって見かけ上だけで接近して見える天体も多いですが、この二つの銀河は実際に近くにあって互いに影響を及ぼしあっているそうです。

下は上の画像から切り出したM81(上)とM82(中)と、何も手を加えず縮小しただけしたコンポジット前の元画像(下)です。
少し青ハロが出ていますが、煩わしく感じない程度で収まっています。どうやらLPS-P2とL41の2枚のフィルターが効果を発揮している様子です。このくらいの青ハロなら、綺麗な感じで好ましく思えます。



 


 
この夜はちょっとした椿事がありました。
撮影に使っている豊田市総合野外センター東駐車場は、なだらかな山の中にあります。すぐ近くから林道が山の中へと分岐しているんですが、その林道を駆け下りてきた2台の自動車が轟音を響かせて駐車場に走り込んできました。走り屋さんの様子です。

こちらは広い駐車場の奥まったところで撮影中でした。一方、2台の車は入り口に近いところに停まり、エンジン音を響かせたままドアが開く音が聞こえてきました。暗闇の中で視線を感じたような気がしましたが、臆病なので気のせいかもしれません。内容までは聞き取れないものの何か話し声が聞こえてきます。間もなくドアの閉まる乾いた音が響き、やがて車は走り去って行きました。

特に何の障りもない些細な出来事でしたが、普段は人気のない静かな場所だけに驚かされた夜でした。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

おおいぬ座の散光星雲 NGC2359 (アヒル星雲)

土曜日, 11月 26th, 2011

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2011年11月26日 01時28分~、ISO1600、600秒露出4枚合成
撮影機材:EOS kissX2(改)、Vixen 102M+CLOSE-UP AC No3+LPS-P2+L41
撮影場所:愛知県豊田市、豊田市総合野外センター東駐車場

おおいぬ座の散光星雲NGC2359です、25日夜に撮影しました。
先日撮影した「わし星雲IC2177(かもめ星雲)」のすぐ近くにあります。かなり小さめの散光星雲ですが、色鮮やかに写りました。英語では「Duck Nebula」という愛称の星雲だそうで、訳すと「アヒル星雲」ですが、どこをどうやって見るとアヒルに見えるのか、よく分かりません(苦笑)

ひょっとすると丸い明るい部分が頭で、その右側の非常に淡く伸びている部分が開いた嘴かなあ、とも思うんですが、そうだとするとアヒルの頭だけと言う話になってしまいます…。
 


 
昨夜はクローズアップレンズを使った簡易レデューサーを試してみました。
普通ならどうやってクローズアップレンズを組み込むか悩むところですが、今回はボーグのM60→M57/60AD【7901】を使い、ボーグのパーツで組み立てたケンコー63-540のカメラ接続部を流用しています。102Mと63-540を同時に使う事はまずないと思うので、うまくいけば交換しながら使えばいいな…、という安易な考えです。昼間に外の景色で合焦する事は確かめられたので、夜空を実際に撮影してみる事にしました。

上の画像は星雲付近を切り出してありますが、下は切り出す前の元画像をそのまま縮小したものです。

ステラナビゲーターに画像を貼り付けて写野角で調べてみたところ、815mm相当でした。つまり現状で0.815倍のレデューサーという事になります。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村