Archive for 12月 19th, 2012

おおくま座の銀河M108と「ふくろう星雲」M97

水曜日, 12月 19th, 2012

ふくろう星雲M97と渦巻き銀河M108[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2012年12月09日 03時48分~、ISO1600、300秒4枚
撮影機材:EOS kissX2(改)、BORG77ED+レデューサー0.85xDG・L+LPS-P2
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県豊田市、豊田市総合野外センター東駐車場

12月8日夜に撮影したおおくま座の銀河M108と「ふくろう星雲」M97です。自分でも驚くほどシャープに撮影できたので、2個のメシエ天体付近を大きく切り出してみました。実際には下の画像のように、もっと広い範囲で写っています。

M97は丸い比較的大きな惑星状星雲で、その中に2ヶ所の暗い部分があるため、ふくろうの顔に見立てて、この愛称があります。M108は渦巻き銀河を斜めから見ているところのようです。M108を拡大してみると、その上に幾つか星が重なって見えているので単細胞生物の「ゾウリムシ」のように見えてしまうのは自分だけでしょうか(笑)

ステラナビによれば、M108は光度10.1等、視直径8.3’で、一方のM97は光度11.2等、視直径3.2’となっています。しかしM97の方が写真写りが良く、それほどの暗さは感じません。

トリミングする前の元画像です。
ふくろう星雲M97と渦巻き銀河M108

等倍でゾウリムシ銀河M108。勝手に命名してしまうと怒られそうです(笑)
M108

同じく等倍で「ふくろう星雲」M97。中心星っぽい星も写ってます。
M97


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村