Archive for 12月 27th, 2012

りょうけん座の銀河コンビNGC4631と4656

木曜日, 12月 27th, 2012

NGC4631、4656[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2012年12月14日 04時32分~、ISO1600、300秒6枚
撮影機材:EOS kissX2(改)、BORG77ED+レデューサー0.85xDG・L+LPS-P2
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県豊田市、豊田市総合野外センター東駐車場

ふたご座流星群が極大だった14日未明に撮影した画像です。NGC4631(上)と4656(下)の銀河コンビは以前も撮影したことがあります(口径10センチの102M)が、今回は違う鏡筒の77EDを使ってます。最近ピント合わせが上手になったのと77EDがシャープ星像を結ぶことに助けられて、口径差に負けない画像になりました。

この銀河コンビはそれぞれが近くに伴銀河を従えているので、ダブルダブル銀河ということになります。

NGC4631、4627のコンビです。
こういう角度で見ると生気のない白い腹に力なく開いたエラ、少し曲がったまま硬直した体…と水面を漂う「死んでプカプカ浮いている魚」にしか見えません。これを右に90度ほど回すとエラが胸ひれになり、ニックネームの「くじら銀河」らしく見えますが、一度「死んだ魚」に見えてしまうと、もう駄目です(苦笑)
NGC4631、4627

もう一方のコンビ、NGC4656、4657です。
折れ曲がったように見える先っぽの小さな銀河がNGC4657らしく、英語版のウィキペディアによれば、この二つの銀河を合わせて「ホッケースティック銀河」と呼ぶそうです。しかし自分自身はホッケーにはそれほど馴染がないので、編み物に使う「かぎ針」に見えてしまいました。
NGC4656、4657


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村