Archive for 2月, 2013

さそり座の球状星団NGC6144

火曜日, 2月 26th, 2013

アンタレス付近[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2013年02月10日 05時28分~、ISO1600、300秒2枚合成
撮影機材:EOS kissX2(改)、GINJI-150FN+LPS-P2+コマコレクター3
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:50mmファンダー改+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県豊田市、豊田市総合野外センター東駐車場

2月10日未明に撮影した、さそり座の球状星団NGC6144です。
画像中央に写っている小さな星団がNGC6144で、右下の星の大集団がM4、左下の輝星がアンタレスです。GINJI-150FNで明るい星を写野内に入れたらどうなるのかな…、という不純な動機から、たまたま山の端から見え始めたばかりのアンタレスを狙ってみました。撮影したときは派手なゴーストを期待したんですが(笑)、結果はそれほどでもなかったです。

また薄明が始まってからの撮影なので写るとは思っていなかったんですが、アンタレス周囲の淡い星雲が写ってくれているようです。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こと座の惑星状星雲M57『ドーナツ星雲』

月曜日, 2月 25th, 2013

こと座の惑星状星雲M57[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2013年02月10日 04時41分~、ISO1600、60秒4枚合成
撮影機材:EOS kissX2(改)、GINJI-150FN+LPS-P2+コマコレクター3
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:50mmファンダー改+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県豊田市、豊田市総合野外センター東駐車場

2月10日未明に撮影した、こと座の惑星状星雲M57です。小さな星雲の傍らを人工衛星らしき光跡が通過しています。

上の画像は星雲付近を切り出していますが、それでも小さすぎる気がします。もともと600ミリで狙う対象ではないよなあ…、と思いながら撮影し、やっぱりカメラの液晶モニタに写った小さな姿に落胆して、そのまま撮影したきり忘れてました(笑)

下の画像は切り出す前の元画像を縮小だけしたものです。
こと座の惑星状星雲M57


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

土岐プレミアム・アウトレット

日曜日, 2月 24th, 2013

土岐プレミアム・アウトレット

ご無沙汰してました。
先週の半ばから腰痛が再発し(涙)、その上、仕事も少し立て込んでいまして、家に帰ってはすぐに寝てしまうという日が続いていました。今日は久しぶりに外出しまして前からの嫁さんとの約束していた岐阜県の土岐プレミアム・アウトレットまで行ってきました。

土岐市は、いつもコメントを頂いているミッチーさんの住んでいる多治見市のお隣で、自分の住んでいるところからは1時間あまりで行ける場所です。と言っても県境付近は低いですけど山が延々と続き、その景色に久しぶりにドライブ気分が楽しめました。

下はアウトレットの施設内の景色です。
土岐プレミアム・アウトレット
土岐プレミアム・アウトレット

嫁さんは買い物を楽しんでいたようですが、自分はコールマンとニコンのお店を覗いた後、フードコートでコーヒーを飲みながら持っていった本を読みふけっていました(苦笑)


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

りょうけん座の渦巻銀河M51【子持ち銀河】

火曜日, 2月 19th, 2013

子持ち銀河M51[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2013年02月16日 03時09分~、ISO1600、300秒露出6枚合成
撮影機材:EOS kissX2(改)、GINJI-150FN+LPS-P2+コマコレクター3+2Xテレコン
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:50mmファンダー改+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県豊田市、豊田市総合野外センター東駐車場

おはようございます。
2月16日未明に撮影した子持ち銀河M51で、画像処理した画像から銀河付近を切り出しています。この朝は小惑星【2012DA14】の最接近の様子を撮影するのがメインでしたが、それだけでは時間が余ってしまうので、GINJI-150FNと手持ちの2倍テレコン「SIGMA APO TELE CONVERTER 2x EX」を組み合わせての撮影テストをしてみました。

と言っても風の強い夜で、鏡筒が風に煽られて16枚撮影したうちの6枚しか使い物になりませんでした。家を出る時から風は強かったので予め予想はしてたんですが、これ程とは思いませんでした。こういう夜に長焦点のテストするのは間違ってました(苦笑)

下の画像は処理後の元画像を縮小だけしたものと、M51付近を狭い範囲で切り取ったものです。この程度の周辺減光で収まるのなら、テレコンを使って小さな天体を写すという目的なので十分に合格かもしれません。
子持ち銀河M51
子持ち銀河M51


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

へびつかい座の球状星団M12

月曜日, 2月 18th, 2013

へびつかい座の球状星団M12[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2013年02月10日 05時09分~、ISO1600、300秒2枚+60秒2枚合成
撮影機材:EOS kissX2(改)、GINJI-150FN+LPS-P2+コマコレクター3
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:50mmファンダー改+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県豊田市、豊田市総合野外センター東駐車場

小惑星【2012 DA14】の地球大接近をという大イベントがあったので撮影日が前後してしまいましたけど、2月10日未明にGINJI-150FN+を使って撮影した、へびつかい座の球状星団M12です。この球状星団はネットなどで調べると「疎ら」という評価です。しかし星団に含まれる微光星が分離し易いためか撮影してみると立派な球状星団です。

微光星の多い領域で撮影していますが周辺部を見てみても星像の悪化は少なく、GINJI-150FNとビクセンのR200SS用コマコレクター3の組み合わせは、なかなか相性が良いようです。処理前の画像を見ると周辺減光はありますが、ステライメージの補正機能で簡単に補正できるので画像処理は楽でした。

下は星団付近を切り出してみた画像です。
へびつかい座の球状星団M12


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村