Archive for 10月, 2013

10月27日未明のエンケ彗星(2P)

木曜日, 10月 31st, 2013

エンケ彗星(2P)[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2013年10月27日 04時36分~、ISO1600、120秒6枚合成
撮影機材:EOS kissX2(改)、BORG77ED+レデューサー0.85xDG・L+LPS-P2
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県北設楽郡設楽町、段戸山牧場

おはようございます。
10月27日未明に段戸山牧場で撮影した彗星としては、このエンケ彗星(2P)が最後になります。4彗星とも同じ大きさで彗星付近を切り出しているので、そのまま比較できると思います。

この夜に撮影した4個の彗星を見応えならぬ「撮り応え」でランキングを付けるとすると、バースト中で大増光しているリニア彗星、色合いが鮮やかなエンケ彗星、月明かりの中でも健闘していたラブジョイ彗星、今のところ期待倒れのアイソン彗星の順でしょうか(汗)


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

10月27日未明のラブジョイ彗星(C/2013 R1)

水曜日, 10月 30th, 2013

ラブジョイ彗星(C/2013 R1)[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2013年10月27日 02時53分~、ISO1600、120秒8枚合成
撮影機材:EOS kissX2(改)、BORG77ED+レデューサー0.85xDG・L+LPS-P2
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県北設楽郡設楽町、段戸山牧場

おはようございます。
前記事のアイソン彗星に続いて、同じく27日未明に撮影したラブジョイ彗星(C/2013 R1)です。こちらもクッキリとゴミと思われる黒い影が写り込んでしまいました。どうせ彗星付近だけを切り出しているのだから、もっと別のところに…、とブツブツ言いたいくらい目立ってます(苦笑)

この夜のラブジョイ彗星は、こいぬ座のプロキオンの近くに位置していましたが、その近くに明るい月がありました。たぶんその光の影響で、画像の右側が帯状に明るくなってしまいました。彗星付近を切り出す前の元画像は下のような感じです。
ラブジョイ彗星(C2013 R1)(縮小のみ)


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

10月27日未明のアイソン彗星(C/2012 S1)

火曜日, 10月 29th, 2013

アイソン彗星(C/2012 S1)[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2013年10月27日 03時23分~、ISO1600、120秒8枚合成
撮影機材:EOS kissX2(改)、BORG77ED+レデューサー0.85xDG・L+LPS-P2
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県北設楽郡設楽町、段戸山牧場

10月27日未明に撮影したアイソン彗星(C/2012 S1)です。レデューサーを取り付けて約460ミリ相当の鏡筒を使って撮影していますが、まだ小さくしか写らないので画像処理した画像から彗星付近を切り出しています。ゴミなのか黒い影が写り込んでしまい、そっちの方が彗星より目立ってしまいました(苦笑)

これを撮影した後で鏡筒を向けたリニア彗星(C/2012 X1)と比べると尻尾があって彗星らしい姿ですが、なにしろ半年以上前から大彗星になると期待して待っていたので、「これで大丈夫なんだろうか?」と心配になってしまいます。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ふたご座の超新星残骸、くらげ星雲(IC443)

月曜日, 10月 28th, 2013

くらげ星雲(IC443)[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2013年10月14日 02時27分~、ISO1600、180秒8枚合成
撮影機材:EOS kissX2(改)、BORG77ED+レデューサー0.85xDG・L+LPS-P2
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県豊田市、豊田市総合野外センター東駐車場

おはようございます。
3連休だった10月13日夜、1時間かからずに行ける近場の豊田市総合野外センター東駐車場で撮影した、ふたご座の超新星残骸くらげ星雲(IC443)です。

この夜はモンキー星雲(NGC2174)に続いて撮影しましたが、何も考えずに条件を決めてしまったので(汗)、モンキー星雲には良くても、くらげ星雲では全く露光不足でした。この倍くらい伸ばしてやると、くらげの頭の先に広がる赤いモヤモヤも写ってくれるかもしれません。と言っても豊田市総合野外センターは市街地に近くて空が明るく、この場所では無理っぽいので悩みは深まるばかりです。

これを撮影した後でぱら星雲(NGC2237-9,46)に鏡筒を向けたんですが、バッテリー切れに遭遇しました(^^;)

まだ冬シーズンは突入したばかりなので、この先に向けての反省としては、ばら星雲とモンキー星雲は同程度の露光時間、くらげ星雲は、その倍といった感じでしょうかねえ…。より暗い段戸山牧場が雪に覆われる前に、再度撮影してみる予定です。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アウトバースト中のリニア彗星(C/2012 X1)

日曜日, 10月 27th, 2013

リニア彗星(C/2012 X1)

リニア彗星(C2012 X1)(拡大)[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2013年10月27日 04時57分~、ISO1600、120秒4枚合成
撮影機材:EOS kissX2(改)、BORG77ED+レデューサー0.85xDG・L+LPS-P2
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県北設楽郡設楽町、段戸山牧場

まだ10月14日に撮影した画像の処理も終わっていないんですが(汗)、上の画像は27日早朝に段戸山牧場で撮影した、アウトバースト中のリニア彗星(C/2012 X1)で、とりあえず急いで画像処理してみました。

明け方の東の空の低空に見えていて、撮影時の高度は約15度ほどでした。元々の光度予想は14等と完全に射程外でノーマークの彗星でしたが、現在は約8等と6等級も明るくなってます。小さくて明るい核と、それを包む丸いコマの形は2007年に大バーストを起こしたホームズ彗星(17P)を縮小コピーしたような雰囲気です。

今朝の薄明が始まった頃の東の空の様子をステラナビで再現してみました。
9等台より明るくて簡単に撮影可能な彗星が4つと凄いことになってます。昨夜から今朝にかけて4つの彗星を全て撮影しました。
星図

今のところリニア彗星以外は未処理ですが、撮影した画像を開いて見る限りでは、期待のアイソン彗星が一番情けない姿をしているので(汗)、大化けを期待したいところです。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村