Archive for 2月, 2017

2月21日の夜遊び、ビクセン102M

火曜日, 2月 28th, 2017

21日の夜はミニボーグ50で彗星を撮るのがメインでしたけど、実はもう1本鏡筒を持って行ってまして、それがこのビクセンのアクロマート鏡筒102Mです。夜中なので「虫乾し」という訳でもないんですが、たまには外に出してやろうと。なにしろ1年以上、ずっとホコリを被っていたので。

この鏡筒は1980年代の製品なので、ずいぶんな年代物です。
アクロマート鏡筒と言えば何年か前だったと思いますけど、ケンコーから真面目な(^^;)アクロマート鏡筒が数種類出ていて少しブームっぽいものがありましたが、最近ではすっかり下火なようですね。その頃の120Lという鏡筒も持ってますが、102Mの方が作りがしっかりしている気がします。

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2017年02月22日 03時28分~、ISO3200、360秒4枚合成
撮影機材:kissX2(改)、ビクセン102M+CLOSE-UP AC No3+L41+LPS-P2
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:50mmファインダー改+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県豊田市、豊田市総合野外センター東駐車場

上の画像はM13です。
青にじみを軽減するためにL41フィルターを使い、もともとF10だったものがクローズアップレンズをレデューサー代わりにしてF8くらいになってます。さすがに四隅の星像が悪いので縦方向はそのままに正方形にトリミングしてやると、楽しみで星を撮る分には、まずまず使えます。それになんと言っても屈折鏡筒好きなので(^^)


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2月24日夜、明け方に上ってくる夏の星座

日曜日, 2月 26th, 2017

2月24日の夜、望遠鏡の傍らでグルグル(笑)を撮影していました。
ここの木の枝ぶりが結構好きで、その枝の間から木漏れ日ならぬ木漏れ星?がチカチカと瞬くように見えるところが大好きです。
 

この駐車場のすぐ横を豊田市から新城市に抜ける県道が走ってます。県道と言っても向こうから車が来ると「どうしよう」と思うくらいの狭さの道で、夜間には2時間に1台くらいしか通行はありませんが、景色が一変します。
 


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2月24日夜のタットル-ジャコビニ-クレサーク彗星(41P)

日曜日, 2月 26th, 2017

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2017年02月25日 01時51分~、ISO3200、180秒8枚合成
撮影機材:EOS kissX3(改)、BORG77ED+レデューサー0.85xDGL+LPR-N
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県豊田市、総合野外センター

24日夜に撮影したタットル-ジャコビニ-クレサーク彗星(41P)です。これが初撮影です。彗星の核を基準にコンポジットしているので星像の伸びから前後して撮影したジョンソン彗星(C/2015 V2)と比べると、こちらの方が少し移動量が多めなようです。
[画像をクリックすると大きく表示されます]

まだ明るさは10~11等台のようです。
うんと画像処理で強調してみても尻尾らしきものは見えませんでしたが(^^;)、頭部がしっかり集光しているので写真写りの良い彗星です。これから先、3月から4月にかけて5等台くらいまで明るくなるそうなので、しばらく追っかけようと思ってます。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2月24日夜のジョンソン彗星(C/2015 V2)

土曜日, 2月 25th, 2017

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2017年02月25日 02時38分~、ISO3200、180秒8枚合成
撮影機材:EOS kissX3(改)、BORG77ED+レデューサー0.85xDGL+LPR-N
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県豊田市、総合野外センター

前回21日夜に撮影した時は大きくセンターを外してしまった(苦笑)、今朝未明のジョンソン彗星(C/2015 V2)です。相変わらずセンターから外しまくってますけど、いい加減な性格なので、まあこれくらいは許容範囲です。

まだまだ小さい姿ですが、立派に尻尾が写ってくれるので楽しくなります。彗星核を基準にしてコンポジットしているのですが、移動量が少ないので星像の伸びがそれほど気になりません。
[画像をクリックすると大きく表示されます]


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2月21日夜のジョンソン彗星(C/2015 V2)

金曜日, 2月 24th, 2017

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2017年02月22日 01時18分~、ISO1600、90秒×8枚
撮影機材:EOS kissX3(改)、ミニボーグ50+レデューサー0.85xDG+LPR-N
使用架台:SE2赤道儀、ノータッチガイド
撮影場所:愛知県豊田市、総合野外センター

前記事の本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星(45P)に続けて同じ機材で撮影しました。何度も試写して苦労して中央に対象を入れてから本番に入ったつもりでしたけど、帰宅してから画像処理し始めた時、「あれ?何処行ったんだ?」と大慌てで探しました(苦笑)

だぶんコントローラーのキーとかを触ってしまったようです。幸いな事に画像上に見つかったのでホッとしましたが、どこにも写っていなかったら自分で自分の頭を数回ポカっと殴っても気が済まないところです(笑)

[画像をクリックすると大きく表示されます]

本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星と比べると数値上は1等以上暗い筈ですが、こちらの方がしっかり写ってくれました。短いながらも尻尾もちゃんと確認できますし。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村