冬の大三角と流星

冬の大三角と流星[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2012年12月14日 00時42分~05時11分、13秒露出
撮影機材:Canon EOS Kiss X3、EF-S18-55mm(広角端)、ISO6400
撮影場所:豊田市総合野外センター東駐車場

ふたご座流星群極大日の12月13日深夜に撮影した画像です。ブログに載せようと思ってて、でも忘れてました。年を越してから載せるのもなんなので、大晦日の夜に慌ててアップしています(汗)

今年のふたご座流星群にはカメラ2台を投入して合計1901枚を撮影しました。そのうちの33枚に流れ星が写っていたので、計算すると約2パーセントの確率ということになります。

この構図は冬の大三角の中に流れ星が写ったらいいなあ…、と思って狙ったんですが、ど真ん中のストライクというものがありませんでした。それに地上の景色が多少でも写っていたほうが絵になる気がします。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Tags:

2 Responses to “冬の大三角と流星”

  1. 今年もよろしくお願いします。

    流星って、なかなか思ったところに流れてくれませんよね。
    しかも写っても暗いものが多かったりして。

    私の枚数はさとうさんの半分ぐらいですが、確率は同じようなものです。
    これだけ枚数が多いと、チェックが大変だったでしょう。

    • さとう より:

      こちらこそ宜しくお願いします、やまねももんがさん
      流星って意図したとおりには、なかなか流れてくれませんね。数撃ちゃ当たる方式で約2%の確率という事は最低でも50枚は撮影しないと流星群の極大日でも駄目ということになりますねえ…。
      もちろん感度とかレンズの状況で大きく変わるとは思いますけど。