りょうけん座の渦巻銀河M51【子持ち銀河】

子持ち銀河M51[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2013年02月16日 03時09分~、ISO1600、300秒露出6枚合成
撮影機材:EOS kissX2(改)、GINJI-150FN+LPS-P2+コマコレクター3+2Xテレコン
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:50mmファンダー改+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県豊田市、豊田市総合野外センター東駐車場

おはようございます。
2月16日未明に撮影した子持ち銀河M51で、画像処理した画像から銀河付近を切り出しています。この朝は小惑星【2012DA14】の最接近の様子を撮影するのがメインでしたが、それだけでは時間が余ってしまうので、GINJI-150FNと手持ちの2倍テレコン「SIGMA APO TELE CONVERTER 2x EX」を組み合わせての撮影テストをしてみました。

と言っても風の強い夜で、鏡筒が風に煽られて16枚撮影したうちの6枚しか使い物になりませんでした。家を出る時から風は強かったので予め予想はしてたんですが、これ程とは思いませんでした。こういう夜に長焦点のテストするのは間違ってました(苦笑)

下の画像は処理後の元画像を縮小だけしたものと、M51付近を狭い範囲で切り取ったものです。この程度の周辺減光で収まるのなら、テレコンを使って小さな天体を写すという目的なので十分に合格かもしれません。
子持ち銀河M51
子持ち銀河M51


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Tags: ,

4 Responses to “りょうけん座の渦巻銀河M51【子持ち銀河】”

  1. おはようございます。

    やはり望遠鏡で撮影した銀河はいいですねえ。
    明るい星に十字の光条が出るのも格好いいです。

    子供のほうの周辺には、淡いハローみたいなものが広がっているのですね。

    • さとう より:

      こんばんは、やまねももんがさん
      明るい星に光条が写るのは、なんだか新鮮で面白いです(^^)
      子持ち銀河は親も子供も明るいので写しやすいですよ。もう少し時間をかけれたら、淡いハローみたいな部分ももっとハッキリ写ったかもしれません

  2. まるこう より:

    テレコンでの銀次も解像感があっていいですね。
    小惑星撮影しながら、こんなをちゃちゃっと撮影してしまうなんて・・・・・。
    さすがです。

    そろそろ銀次で赤いものとかいかがでしょうか?

    • さとう より:

      こんにちは、まるこうさん
      テレコンを使うと暗くなった分だけピント合わせが難しかったですけど、なんとか上手く撮れました。
      そろそろ赤いものも撮りたいですけど、春の対象には赤いものが少ないのが悩みのタネです…