スカイメモSに自作赤緯体を追加して、なんちゃってドイツ式赤道儀

本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星も気になるところですが、生憎の満月期と悪天候が重なってしまい(涙)、今回の週末は工作に勤しんでおりました。

と言う訳で自作したのは赤緯体?です。
もちろん純正品に「微動台座&アリガタプレート」が有り、さらにはビクセンのポラリエ用「スライド雲台プレートDD」なんかも流用出来そうな気がするんですけど、どちらとも自分とっては高額で(汗)、何とか手持ちのものを組み合わせてドイツ式赤道儀風を実現できないものか…、と工作してみました。

素材は何年か前にオークションで購入したアリガタプレートと工作箱に転がっていたアルミの端材です。穴あけとタップ加工をして組み合わせてます。加工内容はM6のタップが2ヶ所、M8のタップが1ヶ所、φ7のバカ穴が3ヶ所で、片づけを含めて概ね2時間で完了しました。

アリミゾの長穴から向こう側が覗けるので、極軸の確認ができるようになりました。

ウエイト軸はM10の200ミリの長ネジですが少し長すぎたみたいです(笑)。画像のウエイトは以前のポタ赤のものなので新しく作り直そうと材料の手配中だったりします。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Tags: , ,

2 Responses to “スカイメモSに自作赤緯体を追加して、なんちゃってドイツ式赤道儀”

  1. 悠々遊 より:

    こんばんは。
    同じ週末工作でも紙工作の延長と金属加工では、レベルが違いすぎですね(苦笑)。
    木工作ではノコを真っ直ぐ挽けないし、金属工作では昔むかしタップを折ってしまったし。
    だから本職でないのに、自分でこんな工作ができる方は尊敬してしまいます(笑)。

    • さとう より:

      こんばんは、悠々遊さん
      前の会社でCAD/CAMやってた期間の方が長かったので本職です…、というには気が引けますけどマシニングセンターで鋼材を削って金型を作ってた事もあるので、木工よりは金属加工のほうが好きだったりします。鋸で木材を切ると必ず斜めになってしまうとか、不器用丸出しですし(笑)