市場城址の四季桜

下の記事の『MC ZENITAR-M2s 50mm F2』を持って愛知県豊田市小原地区の市場城址に行ってきました。ここは立派な石垣が残る城跡で、何度も訪れていますけど、大好きな場所のひとつです。

小原は四季桜という紅葉の時期に咲く桜で有名です。もう少しすると紅葉と同時に桜が楽しめます。ほとんどの桜の木が、ちらほらと花をつけている状態でしたが、なぜか1本の木だけは満開に近い状態でした。

まだ紅葉には早過ぎたようですが、昼前から降り始めた雨にしっとりと濡れた桜を堪能できました。





本丸跡から眺めた景色です。雨に煙って霞んでいました。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Tags: ,

6 Responses to “市場城址の四季桜”

  1. こんばんは。

    秋に咲く桜があるのですね。
    知りませんでした。

    この新しいレンズは、35ミリ版に換算すると80mmぐらいですかね。
    花を撮るにはちょうど良いんじゃありませんか?

    • さとう より:

      こんばんは、やまねももんがさん
      春にも一応咲くみたいですけど、艶やかに咲くのは秋のこれからだそうです、小原の四季桜。
      紅葉も一緒に色づくと、ここの景色は本当に艶やかになります。またその頃になったら、撮影に行ってきますね。

      このレンズは35cmまで寄れるので、花を撮るには最適かもしれません。

  2.  いいじゃないですか、新レンズ。これでまた秘密兵器が増えましたね(笑
     私も秋に咲く桜、初めて知りました。紅葉の中の桜、なんとも不思議な光景ですね。楽しみです。
     さとうさんのブログのおかげで季節感ぼろぼろです(笑

    • さとう より:

      愛知県内だと、けっこう秋に咲く桜は有名なんです、と言っても嫁さんは知りませんでしたが(笑)
      順調に寒くなると、11月の中旬以降でしょうか、楽しみにしていてくださいね。

  3. こんにちは。
    わたしも初めて知りました。 散るときも桜のようですか?
    zenitar50mm いいですね。 銀塩のような画ですね。
    この手のレンズは全体から不思議な味が出るので侮れませんね。

    • さとう より:

      こんばんは、かたくちいわしさん
      散るときも春の桜と、それほど違いはありません。
      散り際は染井吉野ほどアッサリじゃありませんけど、それでもチラチラと散っていきますよ。

      ゼニタール50mmは、とてもボケが綺麗なレンズでした。持ち歩きしたくなるようなレンズです。