Windows8 Consumer Preview で遊んでみた

3月の初旬に発表されたので既に旬ではないかもしれませんが(笑)、Windowsの新バージョンのWindows8 Consumer Previewを空いたPCにインストールして試してみました。

今までと違いログインすると、上の画面のようなスタートの画面が立ち上がります。ちょうどスマートフォンの画面に並んだアイコンような感じです。ここでアプリを選べるのですが、従来のようなディスクトップ環境へ行くには。この四角いタイルの中のひとつ「ディスクトップ」を選べばいいんですが、若干の手間が増えます。

次いでディスクトップの画面です。

一見すると従来と比べても変化が少ないようにも見えますが、今までの常識?では有るべきものが無くなってます。実はスタートのボタンが消えてます(汗)

プログラムを選んだり、Windowsそのものを終了したりする操作は、今までと比べると全く違う操作になってます。終了する場合は、画面右隅にマウスを移動させると「検索、共有、スタート、デバイス、設定」というアイコンが現れるので、この中の設定を選べばシャットダウンのアイコンが見つかります。とりあえず今時のパソコンでは筐体の電源スイッチを押せばシャットダウンできるものが殆どなので上記の手順は不要かもしれません…。

現時点ではConsumer Previewの段階なので製品版は違うのかもしれませんが、Windows8はダブレットPCやタッチ機能付きのディスプレイを使うことが前提になっている気がします。個人的には正直言ってディスプレイをベタベタと触るには違和感がありますし、キーボードとマウスの環境に慣れきっているので、この方向性はどうなんだろう…と疑問です。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Tags: ,

8 Responses to “Windows8 Consumer Preview で遊んでみた”

  1. こんにちは。

    う~ん、おじさんにはとても違和感を感じます。
    ディスプレイを触るのも嫌ですね。

    機能としてはXpで十分だと思っています。
    セキュリティ対策をきちんとやってもらうほうが嬉しいなあ。

    • さとう より:

      こんばんは、やまねももんがさん
      このWindows8ですが、とっても違和感ありますね(苦笑)
      画像処理する関係で、64ビットOSはメモリが多く使えるので興味があるんですが、これだと嫌な感じです。8が出て7が値下がるとか有ると嬉しいんですけどね(^^;)

  2. まるこう より:

    人間に対して目の前の垂直のディスプレイを手で操作するのは、人間工学的にも無理があるような気がします。タブレットならいいのですが。
    Appleはちょっとアプローチが違っていて、マウスやタッチパッドをiPadやiPhoneの操作と同じようにしていますね。

    • さとう より:

      こんばんは、まるこうさん
      マイクロソフトのOSって、2回に1度、コケルのが通例になっているので(苦笑)、今回はハズレです。
      ダブレットやタッチパネルって、マイクロソフトが目論んでいるほど普及しているんですかねえ…

  3. こんばんは。
    98(○)→Me(×)→XP(○)→Vista(×)→7(○)→ということは・・・
    でしたっけ。2000とかNTとかは無しですよね。

    何だか記事をみても臭いますねぇ・・・ ×臭が。

    • さとう より:

      こんばんは、かたくちいわしさん
      Windows8は駄目ですね。部分的には進化してますが、方向性が間違っている気がするので(苦笑)
      使い勝手が悪いので、早々にテストに使った予備PCは元に戻しましたよ。

  4.  タブレットでWindows、案外便利な気もします。
     あっ、もちろん普段遣いではなく、望遠鏡制御用に、ですが。
     バッテリーさえしっかりしていれば、ビクセンのスターブックのように、ステラナビで望遠鏡を感覚的に操作できる気がします。
     ちょっと欲しいかも。

    • さとう より:

      こんばんは、いっこうさん
      純粋にダブレットPCだったら、夜の野外で使うならキーボードとマウスより使いやすいでしょうね。
      今年の冬は寒かったんで、寒さに手が震えて夜間のパソコン操作は辛かったです(苦笑)