こぎつね座の惑星状星雲M27 (亜鈴状星雲)

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2012年04月24日 01時05分~、ISO1600、300秒露出4枚合成
撮影機材:kissX2(改)、ビクセン102M+CLOSE-UP AC No3+L41+LPS-P2
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県北設楽郡設楽町、段戸山牧場

おはようございます。
昨日の夕方くらいから次第に雲が厚くなり、今朝はベッタリした曇り空です。天気予報によれば天気は下り坂で午後からは雨が降り出すとかで、連休後半はパッとしない天気が続きそうな感じです。

上の画像は4月23日夜に撮影した、こぎつね座の惑星状星雲M27です。先日のピンボケに懲りて、念入りにピント合わせしました。この向きではニックネームの「亜鈴」にも地図記号の警察署にも見えます。明るくて大きいので撮影していて楽しい対象です。

上の画像は星雲付近を切り出していますが、大きく拡大してもそれほど破綻しません。クローズアップレンズで代用しているレデューサーをつけると合成焦点距離が約800mm程度のビクセン102Mで撮影した場合、実際は下の画像のような大きさで写ります。

ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Tags: , ,

8 Responses to “こぎつね座の惑星状星雲M27 (亜鈴状星雲)”

  1. おはようございます。

    この星雲は、緑色がきれいですよね。
    こんなのがぽっかり浮かんでいるなんて、楽しくなっちゃいますね。

    こちらは、昨日はそこそこの天気で暑いくらいでした。
    今日は朝から雲っています。

    • さとう より:

      おはようございます、やまねももんがさん
      緑色があざやかですね、それに赤と緑なので対比も鮮やかですし。綺麗な星雲です。
      晴れると汗ばむような季節になってきましたね。

  2. こんにちは。
    これは綺麗なジャスピンですね。 ジャスピンだと青ハロも抑えられていいですね。
    先日の観望会でGINJI400で見せてもらったM27は、いつもの亜鈴型ではなく小判型に見えましたよ。 中心星まではキビしかったです。

    これは何度でも望遠鏡を向けたくなる対象ですね。 楽しい気持ちわかります(^^)

    • さとう より:

      おはようございます、かたくちいわしさん
      テスト撮影した結果をノートパソコンに取り込んで確認するようにしました。手間はかかりますが、カメラの小さな液晶画面で見るより確実ですね。やはり手酷い失敗すると対策をしなきゃ…、という気持ちになります(笑)

      小判みたいな形のM27ですか! さすが40センチ級は違いますね。見てみたいです。

  3. まるこう より:

    あれ?
    先日拝見した記事かな?
    と思ってよく写真をみたら、先日から更に素晴らしい亜鈴状星雲ではないですか。
    中心星までバッチリですね。
    800mmでこれだけ大きく写る惑星状星雲はなかなかないですからね。なんべんも撮影したくなります。

    • さとう より:

      おはようございます、まるこうさん
      中心星までバッチリだと撮影して嬉しいものですね(^^)
      同じ惑星状星雲のM57は800mm程度では力不足気味で、もう少し長い焦点距離が欲しくなりますが、M27は800mmくらいから良い被写体になりますね。

  4. 800mmというと、R200とおなじくらいですね。
     何度も写したくなる対象です。ブログ村を巡回していると、いろいろな光学系での写真が見られて楽しいですよね。

    • さとう より:

      おはようございます、いっこうさん
      そうなんですよ、正確には815mmくらいですが、R200と同程度です。もっとも集光力は格段に違いますから、これが40分露出なので、10分くらいの露出で綺麗に写る筈ですけどね。

      光学系の違いを見るのも面白いですよね。大きな望遠鏡での撮影例を見ると、つい自分も欲しくなっちゃいますが(笑)