kenkoの50mmファインダーのガイド鏡化(1)


いつもお世話になっている、かたくちいわしさんの「kenkoの50mmファインダーをガイド鏡に」の記事を参考にして、手持ちの同じファインダーをガイド鏡に改造してみた顛末です。

このファインダーはケンコーの鏡筒に付属していたものです。でも6×30のファインダーの方が使い勝手が良かったので交換してそのままお蔵入りしていました。接岸部の2インチ―31.7mmアタプターも同じ鏡筒のものですが、接岸部をボーグ仕様化しているので不要なままジャンク箱に転がっていました(笑)

それで、改造してやろう…、と思ったんですが、2インチ―31.7mmアタプターを0.8mm削るリューターがありません。ホームセンターに見に行くと、かなりのお値段だったので挫けそうになりました。

その時です。
「あ、そういえば安いのがダイソーに」
と、閃いたのでした。

そして下の写真が、近くのダイソーで購入したリューターです。別途、砥石と乾電池も買ったので1100円程度の出費で収まりました。

で、さっそく作業を始めたのですが…。

パッケージにも謳ってありますように、あくまでも軽作業のリューターなので非力なのでした。少し強めに負荷をかけて削ろうとすると止まってしまいます。おまけに乾電池仕様で、いくらもアタプターを削らないうちに、すぐに電池がヘタってしまいました。削る量は数値的には片側0.4mmなのですが、それが無限の量に思えて、再び挫けそうになってしまいます(涙)

「こんなこともあろうかと」
某宇宙戦艦の真田さんなら、きっとこう言ったに違いありません。

つい最近、自作したX2の外部モニター用に12Vバッテリーから6Vを作り出すコンバーターを用意したのを思い出したのです。(だから本当は、こんなこともあろうかと…、じゃないですが(笑))

これで再び作業が進み始めました。

[続く]


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Tags: ,

8 Responses to “kenkoの50mmファインダーのガイド鏡化(1)”

  1. おはようございます。

    最近、更新が無いなあと思っていたら、こんなことをやっていたのですね。

    >あっ、そういえば
    >こんなこともあろうかと

    凄いです。
    さとうさんのことだから、きっと完成されたのですよね。
    でも、ちがう結果も見てみたいです。

    • さとう より:

      おはようございます、やまねももんがさん
      せっかく月の小さな時期なんですが、曇ってばかりだし、忙しいのと相まって、こんな事ばかりしています(^^;)
      今週末も天気予報の結果は厳しいですねえ…

  2. 優斗 より:

    おはようございます。
    僕もやってみようかと試しましたがチューブの長さが足りなくてピントが合いませんでした。
    成功すれば電子ファインダー兼ガイド鏡になりますよね。
    結果楽しみにしています。

    • さとう より:

      おはようございます、優斗さん
      このファインダーは安価で購入できますから、上手くいくと安くて小型で軽い、3拍子揃ったガイド鏡が出来そうですね。
      晴れれば実験もできるんですが、なかなか晴れてくれません。

  3.  さとう製作所、経営は順調のようですね。かたくちいわしさんの製作記同様、参考にする人が多そうですね。多くの人が参考にする記事、すばらしいです。
     続きがめっちゃ気になります。

    • さとう より:

      おはようございます、いっこうさん
      これを使って上手く撮影できたよ、みたいな結果が欲しいんですが、なかなか晴れてくれないのが痛いです(^^;)
      せっかくの週末なんですけどねえ。

  4. こんにちは。
    私が参考にしたブログの方は、なんとヤスリで人力で削っていました。
    数時間かかったそうです。 
    片側0.4mmと聞くとあっという間に聞こえるのですが、これがなかなか遠いですよね。
    100均で買ったルーター、私も持っていました。 壊れました(笑

    光路長は大丈夫でしょうか? 続きが気になります。

    • さとう より:

      おはようございます、かたくちいわしさん
      ヤスリで削るのは凄いですよね。
      片側0.4ミリ、最初は楽勝かと思ってましたが、侮り難い大きさでした。自分の場合は2時間半くらいかかりましたよ。