Posts Tagged ‘オリオン座の大星雲’

オリオン座の大星雲M42《多段露出にて》

火曜日, 10月 23rd, 2012

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2012年10月21日 02時07分~、ISO1600、450秒4枚+20秒4枚
撮影機材:EOS kissX2(改)、BORG77ED+レデューサー0.85xDG・L[7887]+LPS-P2
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県豊田市、豊田市総合野外センター東駐車場

おはようございます。
オリオン座流星群を狙った2日目の夜、その傍らで撮影したオリオン座の大星雲M42です。以前にも多段露出を試しましたが、少し効果が薄かったようなので短時間露出の方の露出を切り詰めて再度挑戦してみました。この鏡筒を使うとマラソンマン星雲も含めて広い範囲が写るのですが、上の画像はM42付近を切り出しています。なんとか不自然にならない程度に白とびが抑えられ、よく見ると辛うじてトラペジウムも確認できます。

下が切り出し前の元画像と、多段露出で撮影した20秒露出した画像です。リサイズのみしてあります。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

オリオン座の大星雲M42 (擬似Hαナローバンド)

火曜日, 12月 13th, 2011

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2011年12月09日 21時26分~、ISO800、60、300、600秒各4枚を合成
撮影機材:EOS kissX2(改)、ケンコー63-540+CLOSE-UP AC No3+LPS-V4+R1
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県みよし市、自宅前

皆既月食の前日、12月9日の夜に撮影したオリオン座の大星雲M42です。このモンキー星雲と同様、自宅前の広場で街灯が何本も煌々と輝いている中での撮影でした。

M42は各部分での光度差が大きいので、60秒、300秒、600秒の露出時間で4枚づつ撮影して、12枚の画像をコンポジットしています。合計露出時間は1時間4分でした。上の画像はこうして得られたモノクロ画像をステライメージの擬似カラーを使って着色?しています。

下の画像はM43とM42の中心部です。
多段露出の効果があったのか、M42中心部にある四重星のトラペシウムも写りました。また拡大して見てみるとM43も複雑な構造があるようです。

ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

バーナードループ

月曜日, 11月 14th, 2011

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2011年10月26日 01時46分、ISO800、300秒露出4枚合成
撮影機材:キヤノンkissX2(改)、Ai NIKKOR 105mm F2.5(F4に絞る)
撮影場所:愛知県豊田市、豊田市総合野外センター東駐車場

10月25日夜に撮影に撮影したバーナードループとオリオン座の中心部です。何度処理してもノイズが多くて、結局、お蔵入りしていたのですが、こちらのやまねももんがさんの記事「CameraRawでのノイズ低減効果」を参考に処理したところ、ずっと滑らかな結果を得る事ができました。

具体的にはPhotoshop ElementsでCR2ファイルを読み込んだ後にTIFF形式で保存し、そのファイルをステライメージで読み込んでコンポジット等の画像処理をしています。カラー画像を3色分解してR画像のみを取り出し、反転したのが上の画像です。Ai NIKKOR 105mm F2.5で撮影した星像がシャープなので写真星図のような画像になりました。

下は今回は脇役のカラー画像です。

M42→樅の木星雲→馬頭星雲→バーナードループと色合いも濃さの違う星雲がこの領域には混在しているのが分かります。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

古い反射鏡筒R130Sの再デビュー

火曜日, 11月 8th, 2011

11月7日夜、日付は既に変わって8日になっていましたが、こっそりと寝静まった家を抜け出して(笑)、何日か前に反射鏡を洗浄した推定年齢20歳ほどのR130Sを車に積んで出かけてきました。

主鏡の洗浄のために完全に狂っていた光軸を6日の日曜日に冷や汗をかきながら調整したので、その結果を星像で確認したかったからです。調整をした6日は雨降りだったので、ジリジリしながら天気の回復を待ちました。7日夜は月齢11.9の大きな月が煌々と輝いていましたが、テスト撮影をしたかったので自動車で45分ほどの豊田市総合野外センター東駐車場に向かったのでした。

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2011年11月08日 01時58分~、ISO1600、90秒露出1枚
撮影機材:キヤノンkissX2(改)、ビクセンR130S + レデューサーR
撮影場所:愛知県豊田市、豊田市総合野外センター東駐車場

上はテストで撮影したオリオン大星雲です。
明るい月の光のせいで、まるで青空の中に浮かんでいるように写りました。

テスト結果としては、ますまずのシャープな写りで、周辺減光がありますが中心部を切り出して使うなら十分使用できそうです。レデューサーRを取り付けると、ちょうど手持ちの望遠レンズや鏡筒では欠けていた600mm台の焦点距離の鏡筒になるので期待の新人です(笑)

また問題と言うほどの事ではないですけど、接眼部がスライド式で1本足の傾鏡支持脚の為、輝星の周囲に発生する光条が通常の反射鏡筒で見慣れたものほど綺麗ではありません。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

オリオン座の大星雲 M42 (kenko 63-540)

月曜日, 10月 3rd, 2011

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2011年09月24日 04時03分~、ISO1600、180秒露出4枚合成
撮影機材:キヤノンkissX2(改)、ケンコー63-540 + CLOSE-UP AC No3 + LPS-P2
撮影場所:愛知県豊田市、豊田市総合野外センター東駐車場

秋分の日の夜にケンコー63-540で撮影したオリオン座の大星雲M42です。撮影データーの救出に成功しましたので何とか載せることができました。RAW形式の画像の生データーと画像処理したfts形式の画像データーで保管してあったのですけど、故障したハードディスクをUSBの外付けケースに入れてPCに接続し、新しいハードディクスに転送すると約1時間半かかりました。転送速度の遅さもありますが、やはり合計すると巨大なサイズになっていました。

さて上の画像のM42ですけど、撮影地の豊田市総合野外センター東駐車場の東側には山があるので、そろそろ明るくなり始めるか…、という時刻の午前4時過ぎに山の上に顔を出したところを撮影しています。
真夏には既に明るい青空だった時刻ですが、9月も後半になると日が昇るのが遅くなってきました。それでも北極星くらいの高さですから、なんとか撮影してみようかな、と思える条件なので、まだまだベストなシーズンには1ヶ月は早過ぎるようです。

上の画像は回転させた上で切り出していますので、実際にはケンコー63-540とクローズアップレンズの組み合わせでは、もう少し広い範囲を撮影できます。コンポジットする前の元画像を縮小したものが下の画像です。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村