Posts Tagged ‘ジャンク’

物欲に負けて…(苦笑)、ThinkCentre M57 Ultra Small

木曜日, 8月 16th, 2012

おはようございます。
先日、名古屋の大須をうろうろしていたんですが、特に必要と言うわけでもなく、ただ物欲に負けて中古のPCに手を出してしまいました(苦笑)

上の画像のThinkCentre M57 Ultra Small(6071-A11)です。写真では大きく見えますけど、実際は276×273×89mm(幅×奥行×高さ)というUltra Smallの名前に恥じない大きさで、ぎっしりと中身が詰まってます。

購入時のスペックはPentium Dual-Core 1.8GHz、メモリ1GB、HDD160GBというもので、お盆特価で3420円。保障なしのジャンク扱いでしたが、連れて帰って起動させたところ、全く問題はありませんでした。そのテスト終了後、手持ちのCore 2 Duo E4500(2.2GHz)に換装し、メモリを2GB追加して3GBした上で、6月にリリースされたWindows 8 Release Previewをインストールしてみました。

以前、Windows8 Release Previewの前バージョンのConsumer Previewを試したことがありましたが、それほど大きな違いは感じられませんでした。機能のなかにシャットダウンがある等、あいかわらず直感的な操作はできません。このあたりは慣れも大きいとは思いますが、伝統的にスタートボタンのなかにあった方が便利な気がします。

非力な内蔵グラフィックスのせいで数値は低めですが、このような一昔前のPCでもWindows8は大丈夫のようです。(と言いながらも個人的にはXPを使い続けそうな気がします(苦笑))


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今日の収穫 HP Desktop dx5150 SF (ジャンク品)

月曜日, 3月 26th, 2012

上の写真は今日の収穫です。
用事があって隣の隣の市まで行ってきたので、ついでにハードオフに行ってきました。残念ながらカメラ以外の光学製品は全く無かったんですが、ジャンク品のパソコンを見つけたのでゲットしてきました。省スペース型のディスクトップPCで縦置きでも横置きでも可能な筐体のH製dx5150で、値段は税別1500円です。


値札に書かれたジャンクの理由を見てみると電源を入れてもすぐに落ちるという症状です。筐体はシールが一ヶ所貼られているものの綺麗な状態でした。リアパネルの形状から中身のマザーボードはM-ATXっぽかったので、手持ちのマザーボードと入れ替えてケースのみ再利用が可能に思われました。電源と今時珍しくなったフロッピーディスクとDVD-ROMと80GBのハードディスクはそのまま利用できればラッキーです。1500円なら十分に元が採れそうです(^-^;)

それて家に持って帰って電源を入れてみると上記の症状が再現されました。筐体の蓋を開けて中身を観察するとコンデンサーの頭が膨らんで、てっぺんから塩?を吹いているものが幾つかありました。どうやらコンデンサーが寿命で、それが原因で不調のようです。

簡単にチェックしてみると、ハードディスクとDVD-ROMは使えそうな様子です。CPUはAMDのSempron 3000+でした。これも何とか使えそうですが、今となっては能力的に魅力のないCPUです。という訳で、マザーボードを入れ替えて再生してみようと思います。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ファミスコ60を大改造?(^^;)

木曜日, 2月 16th, 2012

以前改造したファミスコ60(改)ですが、ジャンクで見つけたカビと傷だらけのビクセンの6cmF15鏡筒を使って改装してみました。下の画像が材料になったビクセンの鏡筒とファミスコ60の対物レンズ(60mm,f=400mm)です。ちなみにファミスコの対物レンズはセミアポという事なので、セル上部の赤い鉢巻が誇らしげです。


ファミスコ60のプラスチック製のレンズセルの大きさがビクセンの鏡筒のフードの大きさと殆ど同じだったので、サンドペーパーでセルの外周を現物合わせで少しずつ微妙に削ってフードに押し込みました。すっぽりと固く嵌ったので、そのままです。その他の加工内容はビクセンのアルミ製の鏡筒を切断して、3等分の3ヶ所に穴あけを切断部に固定しました。そのような内容なので大した加工じゃないです(^^;)

下は先端から覗いた対物レンズの様子です。
光線の具合で曇っているように見えますが、もちろんクリアな状態です。外見はビクセンの鏡筒を短く切り詰めただけなので、一番上の画像のように長さを除いてほとんど変化はありません。ファミスコの名残は赤い鉢巻だけになってしまいました。

ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

元ジャンクPCのThinkPad X30を実戦投入

水曜日, 2月 15th, 2012

ジャンクのノートPCとして購入して弄り倒していたThinkPad x30ですが、ようやく実用品の域になってきました。CPUは弄れないのでそのままですけど、HDDは手持ちの120GBに交換し、メモリも最大の1.2Gになってます。テカテカだったキーボードは新品に交換し、バッテリーも安い互換品に交換したので約3時間はバッテリー駆動が可能になりました。かかった費用は本体を含めて1万円ほどになってしまいましたが、キーボードは打ちやすく、画面も大きいのでネットPCよりは快適な操作環境です。

ついでに上のように、最近撮影したお気に入りの画像を壁紙にしています。ほとんど親馬鹿な心境です(苦笑)

このX30を2月12日夜の撮影にテストを兼ねて実戦投入してみました。
この機種の最大のネックはUSBが古い1.1規格という点です。USB2.0のPCカードをカードスロットに挿せば2.0に対応した機材を理屈の上では使える筈ですが、手持ちのPCカードとは相性が悪かったのか、それとも供給電力の関係なのか、以前使っていたミードの初代DSIはまったく動作しませんでした(^^;)

それで現在使っているSSAGを恐る恐る繋いでみると…、呆気ないほど簡単に動作しました。まあ動いて当然と言えば当然なんですが、どうしてもDSIの例があったので、少し拍子抜けしてしまいました。

ThinkPadのほとんどの機種には、液晶ディスプレイの上枠に照明用のLEDライトが付いてます。これが意外に便利な機能で、キーボードの上を机代わりにして暗闇でも印刷物を見たり確認できます。

ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ジャンクPC弄り ThinkPad X30 (2) OSインストール編

火曜日, 2月 7th, 2012


前記事のように機能的には問題の無さそうなジャンクのThinkPad X30ですが、OSをインストールしてみないと正常なのか詳細な内容は分かりません。

それで容量40GBの手持ちハードディスクをマウントにセットしてX30に内蔵させて、いつも使っているUSB接続のCD-ROMにWindows XPのインストールCDを入れて起動してみました。

が、何も起きません。
どうやらこの方法ではX30にOSのインストールはできないようです(汗)

という訳で奥の手を使うことにしました。

USB接続のフロッピーディスクを接続し、WIN98用の起動ディスクを使ってX30を起動させてFdiskコマンドでパーテーションを作成後、再起動させてフォーマットを実行。そしてX30からハードディスクを取り出して別のパソコンに繋ぎ、Windows XPのインストールCDの中にあるi386フォルダの中身を全部コピーしてからX30に戻してフロッピーから再起動…。

ここまでが長かった(笑)

後はi386の中身をコピーしたフォルダに移動して、winntコマンドでXPのクリーンインストールがスタートします。

どうやら液晶の明るさは若干暗めですが、実用上問題のないレベルでした。
ここまで出来たら、あとはメーカーのサイトからドライバーをダウンロードしてインストールするだけです。IBM(現Lenovo)は分解修理するときに便利な保守マニュアルやドライバが公開されているので中古PCの再生には優しいメーカーです。

【追記】
モバイル用の軽量パソコンでバッテリーが使用不能というのも寂しいので、ネットで新しいバッテリーを探したところ安価な互換バッテリーが見つかったので注文しておきました。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村