Posts Tagged ‘スカイメモS’

スカイメモSに自作赤緯体を追加して、なんちゃってドイツ式赤道儀

月曜日, 2月 13th, 2017

本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星も気になるところですが、生憎の満月期と悪天候が重なってしまい(涙)、今回の週末は工作に勤しんでおりました。

と言う訳で自作したのは赤緯体?です。
もちろん純正品に「微動台座&アリガタプレート」が有り、さらにはビクセンのポラリエ用「スライド雲台プレートDD」なんかも流用出来そうな気がするんですけど、どちらとも自分とっては高額で(汗)、何とか手持ちのものを組み合わせてドイツ式赤道儀風を実現できないものか…、と工作してみました。

素材は何年か前にオークションで購入したアリガタプレートと工作箱に転がっていたアルミの端材です。穴あけとタップ加工をして組み合わせてます。加工内容はM6のタップが2ヶ所、M8のタップが1ヶ所、φ7のバカ穴が3ヶ所で、片づけを含めて概ね2時間で完了しました。

アリミゾの長穴から向こう側が覗けるので、極軸の確認ができるようになりました。

ウエイト軸はM10の200ミリの長ネジですが少し長すぎたみたいです(笑)。画像のウエイトは以前のポタ赤のものなので新しく作り直そうと材料の手配中だったりします。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

K型経緯台/スカイメモS/回転防止の安全策

日曜日, 2月 12th, 2017

スカイメモSにアリガタを取り付けてミザールのK型経緯台に載せて使い始めましたが、結局のところカメラネジ1本でしか固定していないので若干不安が残ります。

それでスカイメモSの裏側を何気なく見ていたら、右端の穴(凹み)がミザールの小型アリガタの端の穴と同寸法の位置にあることに気がつきました。

アリガタにはM6のボルトを通すためのφ7くらいの穴が開いていたのでM8でタップ加工。

先の尖ったホーローセット(イモネジ)を工具屋さんで買ってきまして、アリガタにねじ込みました。するとこんな感じになります。

カメラネジが少し緩んでいてもイモネジの突起に引っかかって止まるので、これでズルっと回転してしまう恐れは無くなった気がします。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

M42付近/Ai NIKKOR 105mm F2.5/スカイメモS

土曜日, 1月 28th, 2017

1月26日夜のテスト画像です。Ai NIKKOR 105mm F2.5を取付けたカメラをスカイメモSに載せるとアンバランスな感じでしたが、テスト結果は良好でした。

露出時間1分

露出時間3分

どちらもリサイズだけした画像です。とりあえず105ミリのレンズを使って3分くらいまではノータッチガイドが可能なようです。

この撮影場所は家から近いのでちょっとした夜遊びには最適なのですが、西は名古屋市と間近に豊田の市街地、南には岡崎市があって空が明るいので、東から昇ってくる対象を狙わないと結果が伴いません(苦笑)


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ようやくスカイメモSのテスト完了

金曜日, 1月 27th, 2017

日頃の行いが悪いせいか週末の晴天を待っていても天候に恵まれないので、今夜は木曜日の夜ですがスカイメモSのテストに行ってきました。

場所は自宅から自動車で40分ほどで行くことが出来る豊田市総合野外センター東駐車場です。松平の手前で国道301号を外れて山の中に入っていくのですが、目的地の手前近くには先日の雪がまだ少し残っていたので、思わず車を停めてパチッと1枚。

スカイメモSのセットは15分くらいで終了しました。厳密に極軸あわせをするともう少しかかりそうですが、持っていったレンズが17-35ミリのズームと105ミリの望遠の2本だけだったので、北極星が中央に入った程度のいい加減さです(^^;)

下の写真は100均のプラスチック製茶筒から作ったフードを取付けた「Ai NIKKOR 105mm F2.5」とX3をスカイメモSに載せたところです。

まだ平日で空が明るくて、28ミリ程度の焦点距離ではISO1600で30秒露光が限界のようです。カメラを赤道儀に載せているので当たり前といえば当たり前なんですが、星像がきっちり点に写っていることをモニタで確認した時は少し感動しました(笑)

0時少し前から雲が広がり始めたので撤収。

久しぶりにワクワクできた夜でした。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

K型経緯台にスカイメモSを載せてみる

水曜日, 1月 11th, 2017

衝動的にポチッてしまったスカイメモSですが、手持ちのカメラ用三脚ではグラグラするのが目に見えて、どうしたものかと考えた末にベランダ観望用に放置してあったミザールのK型経緯台に載せることにしました。それで中古望遠鏡のCATさんでミザールのW1/4ネジ付の小型アリガタと1/4キャップボルトをポチッと購入。

小型アリガタを使ってスカイメモSを載せてみると、こんな感じになりました。放置が長かったのでネジに浮いた錆が少し痛いです…

ちなみに手持ちのK型経緯台は望遠鏡仕様です。元は木製三脚でしたが、アルミ脚に変えてあります。持ち運び性はカメラ三脚には負けますが、運用形態とては自動車での移動が前提なのでガッチリした感じが頼もしく見えます。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村