Posts Tagged ‘惑星状星雲’

もっと小さい、はくちょう座の惑星状星雲NGC6826(Caldwell15)【まばたき星雲】《BKMAK127SP》

火曜日, 3月 28th, 2017

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2017年03月18日 05時01分~、ISO3200、90秒4枚合成
撮影機材:kissX3(改)、BKMAK127SP+LPR-N
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:50mmf300mm+StarShoot AutoGuider
撮影場所:豊田市総合野外センター東駐車場

3月17日夜にBKMAK127SPを使って撮影した、はくちょう座の惑星状星雲NGC6826(Caldwell15)【まばたき星雲】です。

ステラナビによれば光度10.0等、視直径2.3’の天体で、リング星雲(M57)の光度9.0等、視直径2.5’とそれほど違わないので鏡筒を向けてみたのですが、同じ大きさに切り出して見比べてみるとM57のリングの内側の暗いところくらいしかない気が…(苦笑)

ウィキペディアの記載によれば、M57が視直径1.4’x1.0’に対し、NGC6826が27″×24″なので、感覚的にはこちらに近い気がします。

星雲付近を切り出すと、こんな感じです。
[画像をクリックすると大きく表示されます]


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

やっぱり小さい、リング星雲M57 《BKMAK127SP》

木曜日, 3月 23rd, 2017

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2017年03月18日 03時37分~、ISO3200、120秒6枚合成
撮影機材:kissX3(改)、BKMAK127SP+LPR-N
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:50mmf300mm+StarShoot AutoGuider
撮影場所:豊田市総合野外センター東駐車場

3月17日夜にBKMAK127SP(12.7cmF12マクストフカセグレン式反射鏡筒)を使って撮影したリング星雲M57です。

BKMAK127SPの焦点距離は1500mm、しかも撮影に使っているカメラが撮影素子がAPS-CサイズのEOS Kiss X3なんですけど、この大きさでしか撮れません。無理に「目を凝らさなくても」リング状に見えてきた…、という程度です。やっぱりリング星雲M57は伊達に小さくありません(汗)

星雲付近を切り出すとこんな感じです。
[画像をクリックすると大きく表示されます]


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

亜鈴状星雲M27 《BKMAK127SP》

月曜日, 3月 20th, 2017

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2017年03月18日 04時18分~、ISO3200、300秒5枚合成
撮影機材:kissX3(改)、BKMAK127SP+LPR-N
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:50mmf300mm+StarShoot AutoGuider
撮影場所:豊田市総合野外センター東駐車場

おはようございます。
3月17日夜に夜遊びした時にBKMAK127SP(12.7cmF12マクストフカセグレン式反射鏡筒)を使って撮影した亜鈴状星雲M27です。この鏡筒は焦点距離が1500mmもありまして(汗)、アライメントに苦労しました。3回試してようやく対象が視野に入ったときは奇跡が起こった…、くらいに感じました(苦笑)

でもこれだけ焦点距離が長いと対象が大きく写りますね。
ネットで探しても対象が惑星以外の情報がほとんど見当たらない鏡筒ですけど、暗い分だけ露出をかけてやれば銀河とかにも使えるかもしれません。

星雲付近を切り出すとこんな感じです。
[画像をクリックすると大きく表示されます]

同じ対象を写したビクセンの102Mと比べても良い感じです。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

亜鈴状星雲M27 《ビクセン102M》

月曜日, 3月 13th, 2017

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2017年03月05日 04時57分~、ISO3200、300秒3枚合成
撮影機材:kissX3(改)、ビクセン102M+CLOSE-UP AC No3+L41+LPR-N
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:ミニボーグ50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県北設楽郡設楽町、段戸山牧場

おはようございます。
3月5日の薄明開始は4時52分だったので、既に薄明が始まってから撮影した亜鈴状星雲M27です。これが4日夜のビクセンの昭和のアクロマート鏡筒102Mを使った最後の撮影になりました。

星雲付近を切り出すと、こんな感じです。
クローズアップレンズの代用レデューサーを使って合成焦点距離815ミリくらいの筈。
[画像をクリックすると大きく表示されます]

こちらはBORG77ED+レデューサー0.85xDGLの組み合わせで合成焦点距離は450ミリくらい。同じカメラを使って撮影し、処理後の元画像から1440×1440の大きさで切り出してます。
[画像をクリックすると大きく表示されます]

見比べてみると焦点距離分だけ大きく撮影できてますけど、一番上の切り出し前の元画像を見ると、やっぱり小さい(笑)

ステラナビによれば亜鈴状星雲M27の視直径は15.2’で、これより見かけが小さな天体はそれこそ山のようにありますから…。今年のテーマは小さなものを大きく撮る、そんな野望も面白いかもですね。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こと座の惑星状星雲M57(リング星雲)

木曜日, 3月 2nd, 2017

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2017年02月25日 03時44分~、ISO3200、60秒5枚合成
撮影機材:EOS kissX3(改)、BORG77ED+レデューサー0.85xDGL+LPR-N
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県豊田市、総合野外センター

これも夏の定番、こと座の惑星状星雲M57(リング星雲)です。
こと座のα星ベガが昇ってくると明るくて目立つので「あの辺りにM57有るよなあ」とは思うんですけど、正直なところ鏡筒を向ける気にならない(笑)対象です。

その原因は小さいからでBORG77ED+レデューサー0.85xDGLで合成焦点距離は450ミリくらいの筈なんですが、その組み合わせで撮った上の画像だとパッと見たとき何の写真んだか分かりません(苦笑)

星雲付近を切り出すと、ようやくリング状に見えてきます。

これが1.4’x1.0’の大きさというか、小ささですねぇ(溜息)

下は同じ大きさで切り出した亜鈴状星雲M27。こちらの見かけの大きさは8.0’x5.7’で、小人と巨人くらい違います…


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村