Posts Tagged ‘散開星団’

干潟星雲M8と三裂星雲M20付近 【Ai NIKKOR 105mm F2.5】

月曜日, 5月 18th, 2015

干潟星雲(M8)、三裂星雲(M20)[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2015年05月14日 00時36分~、ISO1600、180秒6枚合成
撮影機材:EOS kissX3(改)、Ai NIKKOR 105mm F2.5+LPS-P2+L41
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県北設楽郡設楽町、段戸山牧場

おはようございます。
5月13日夜にAi NIKKOR 105mm F2.5を使い、いて座の干潟星雲(M8)・三裂星雲(M20)付近を写した画像です。
前記事のいて座のスタークラウドM24付近と同様に10枚撮影しましたが、そのうちの4枚に雲の通過があったので6枚で画像処理しました。

この画像にもメシエ天体が4個写ってます。
干潟星雲(M8)、三裂星雲(M20)(文字入り)
干潟星雲M8と三裂星雲M20は言うまでもなく有名ですが、散開星団のM21はM20の何て言うかオマケ的存在ですね(^^;)
M23は短めの焦点距離の機材では今回のように立派に散開星団として写ってくれますが、拡大してしまうと大きすぎて写野からはみ出してしまうので、なかなか難しい対象です。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

いて座のスタークラウドM24付近 【Ai NIKKOR 105mm F2.5】

日曜日, 5月 17th, 2015

バンビの横顔と2星雲(M16、M17)[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2015年05月13日 23時52分~、ISO1600、180秒10枚合成
撮影機材:EOS kissX3(改)、Ai NIKKOR 105mm F2.5+LPS-P2+L41
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県北設楽郡設楽町、段戸山牧場

おはようございます。
5月13日夜に撮影した、いて座のスタークラウドM24付近です。M24は単独の天体というよりも天の川の特に濃い部分で、輪郭が小鹿の横顔のように見えることから「バンビの横顔」とも呼ばれます。昔、その輪郭をなぞってみた事がありますが、それがリンク先の画像です。

という訳で、バンビの横顔はリンク先を参考にしてもらう事にして、今回はイラスト?ではなくメシエ番号を画像に入れてみました。
バンビの横顔と2星雲(M16、M17)(文字入り)

M16は「わし星雲」、M17は「オメガ星雲」の愛称があります。
散開星団のM25は105ミリ程度の機材では立派に散開星団っぽく写ります。残り1つのM18も散開星団ですが、非常に小さくて、しかも地味で観測者に「最も軽視された星団」という評価が「いかにも…」と納得できてしまうのが何と悲しい星団です。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

450ミリでメシエ天体 その43、かに座の散開星団M67

月曜日, 4月 13th, 2015

かに座の散開星団M67[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2015年04月11日 22時21分~、ISO1600、180秒×4枚
撮影機材:EOS kissX3(改)、BORG77ED+レデューサー0.85xDG・L+LPS-P2
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県北設楽郡設楽町、段戸山牧場

おはようございます。
久しぶりの450ミリシリーズで(笑)、上の画像は4月11日土曜日の夜に撮影した、かに座の散開星団M67です。

この夜は前記事にも書きましたが、明け方になるほど曇ってしまい、朝まで牧場に居たものの実質的には3時間程度ししか星空を見られませんでした。今朝も雨降りで目まぐるしく天気が変わっていく今日この頃です(苦笑)

かに座のM67といえば、この星団に所属する星々の組成が太陽によく似ている為に、一時は太陽の生まれ故郷ではないかと言われた星団ですけど、最近の研究によればその可能性は低いそうです。しかし今でもこんな星団の中に太陽系があったなら、夜空は非常に賑やかだったでしょうね。

下の画像は、いつもの大きさ(1200×1200ピクセル)で切り出したM67です。ここまで拡大しても何とか散開星団らしい姿に見えます。
かに座の散開星団M67 (拡大)


ランキングに参加しています。記事が気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

450ミリでメシエ天体 その33、とも座の散開星団M93

金曜日, 3月 20th, 2015

とも座の散開星団M93[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2015年02月20日 23時34分~、ISO1600、180秒×4枚
撮影機材:EOS kissX3(改)、BORG77ED+レデューサー0.85xDG・L+LPS-P2
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県北設楽郡設楽町、段戸山牧場

おはようございます。
上の画像は2月20日夜に撮影した、とも座の散開星団M93です。南天の二重星団とも言われる散開星団M46、M47のさらに南側にあるので南中時の高度も低く、見晴らしの良くない場所では見にくいかもしれません。その点、この画像を撮影した段戸山牧場は最高の星見の場所です(^^)

これもまた天の川に浸る散開星団ですけど小さな範囲に密集した星団なので周囲の微光星とははっきりと区別でき、450ミリ前後の焦点距離を持つ機材の好対象だと思います。

いつもの大きさで画像を切り出してみました。
大き目の散開星団が続いていたので久しぶりです(笑)
とも座の散開星団M93 (拡大)

いよいよ新月期の週末ですね。晴れたら嬉しいです。


ランキングに参加しています。記事が気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

450ミリでメシエ天体 その32、いっかくじゅう座の散開星団M50

木曜日, 3月 19th, 2015

いっかくじゅう座の散開星団M50[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2015年02月21日 00時01分~、ISO1600、180秒×4枚
撮影機材:EOS kissX3(改)、BORG77ED+レデューサー0.85xDG・L+LPS-P2
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県北設楽郡設楽町、段戸山牧場

おはようございます。
上の画像は2月20日夜に撮影した、いっかくじゅう座の散開星団M50です。

前回のM41よりはひとまわり小さいですけどM50も大き目の散開星団で、450ミリ程度の焦点距離の機材で撮影するには少し苦しいです(ステラナビでは光度5.9等、視直径16.0′)。淡いとは言っても冬の天の川の中に浸っているので星団の周りに微光星が多く、華やかと言えば華やかなんですけど、いまひとつ引き立て役が足りない感じがして逆に地味さが引き立ってしまい、逆効果っぽいです(苦笑)。

よく見ると、この画像上でM50の下に小さな赤い星雲が写っているようですが、ステラナビで調べましたが番号等は分かりませんでした。

冬の大三角を撮影するとプロキオンとシリウスを結ぶ線の上に位置するので写り込んでくれます。矢印の先がM50です。
冬の第三角 (M50)


ランキングに参加しています。記事が気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村