Posts Tagged ‘BORG77ED’

回転花火銀河M101と黒いシミ(涙)

水曜日, 2月 8th, 2017

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2017年02月04日 02時54分~、ISO1600、300秒8枚合成
撮影機材:EOS kissX3(改)、BORG77ED+レデューサー0.85xDGL+LPR-N
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県豊田市、総合野外センター

おはようございます。
2月3日夜に撮影した画像です。周辺減光とかで質の悪くなっている左右を省いて縦方向だけをそのまま生かして正方形にトリミングしていますが、トリミングしているのは実はそれだけではありません。

一つ前の記事M13みたいに光量がたっぷりある対象なら大丈夫なのですけど、画像処理で淡い銀河を炙り出そうとする時、よ~く見ると黒いシミみたいなものが左右に表れるのです(涙)

よく見ないと分からない…、と言えばそれだけの事なんですが気になりだすと気になって仕方ないのが悩みです。


こんな感じで中央のみ切り出すとパッと見た目には良いのですけど、星像が甘いのが一目瞭然ですし(苦笑)

P.S
本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星を狙おうと思って早起きしたのですが、雲の間に星が幾らか見える程度の空模様だったので断念しました…


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

球状星団M13 & 系外銀河NGC6207 & もっと淡くて小さな銀河たち

月曜日, 2月 6th, 2017

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2017年02月04日 04時48分~、ISO1600、300秒4枚合成
撮影機材:EOS kissX3(改)、BORG77ED+レデューサー0.85xDGL+LPR-N
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県豊田市、総合野外センター

2月4日の未明にジョンソン彗星を撮った後、最後に鏡筒を向けたのがM13です。M13の左側に小さく写る系外銀河のNGC6207がけっこう好きなので、少しセンターをずらしてツーショット風に写してみたのが1枚目で、2枚目は1枚目からM13を中心に切り出したものです。

家に持ち帰って画像処理しながら気づいたのですが、NGC6207以外にも恒星とは違う様子のものが写っているようなのでステラナビを使って調べてみたのが下の星図です。
[画像をクリックすると大きく表示されます]

M13とNGC6207の間に1つ、それ以外にも画像の右上に幾つかの小さな系外銀河が群れているようです。
[画像をクリックすると大きく表示されます]

wikipediaによればM13までの距離は約25,100光年、おそらく画像に散在する多くの恒星はそれよりもずっと手前にある筈で、そのもっと向こうに遥か桁違いに遠くに霞んで見えるような系外銀河があり…、と思うと何やら不思議な気分になってきます。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ジョンソン彗星 (C/2015 V2)を初撮り & 移動の様子をGIFアニメ

日曜日, 2月 5th, 2017

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2017年02月04日 04時19分~、ISO1600、300秒5枚合成
撮影機材:EOS kissX3(改)、BORG77ED+レデューサー0.85xDGL+LPR-N
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県豊田市、総合野外センター

2月3日夜に豊田市総合野外センターで撮影したジョンソン彗星 (C/2015 V2)です。この場所は周囲が木立に囲まれていて低空の対象は苦手なので高く昇ってから撮ってやろう、そう思ってジリジリしながら待っていました。

画像は彗星の頭部を基準にコンポジットし、2枚目は1枚目から彗星付近を切り出してます。現在は10等台の明るさですが、しっかり尻尾まで写ってくれました。夏には7等台まで明るくなるそうなので楽しみです。

撮影した画像の彗星付近を切り出してGIFアニメを作成してみました。この時点の地心距離は2.01514天文単位とまだ遠いですが、たった20分間の短い時間でも微光星の間を移動していることが判ります。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

450ミリでメシエ天体 その52、へびつかい座の球状星団M9とNGC6356

火曜日, 4月 28th, 2015

へびつかい座の球状星団M9、NGC6356[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2015年04月26日 04時06分~、ISO1600、240秒×1枚
撮影機材:EOS kissX3(改)、BORG77ED+レデューサー0.85xDG・L+LPS-P2
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県北設楽郡設楽町、段戸山牧場

おはようございます。
4月26日の早朝、すでに薄明が始まっている中で撮影した、へびつかい座の球状星団M9(左下)とNGC6356(右上)のやや小さな球状星団コンビです。ステラナビによればM9は光度7.9等、視直径9.3’、それに対するNGC6356は光度8.4等、視直径7.2’と少し暗くて小さいですが、この程度ならメシエさんなら見つけられたと思うのですが…

いつもの大きさ(1200ピクセル×1200ピクセル)で切り出してみました。この2天体は良く似た感じの密集した球状星団で、まずM9です。
へびつかい座の球状星団M9 (拡大)

次いでNGC6356。
へびつかい座の球状星団NGC6356 (拡大)


ランキングに参加しています。記事が気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

450ミリでメシエ天体 その51、へびつかい座の球状星団M10

土曜日, 4月 25th, 2015

へびつかい座の球状星団M10[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2015年04月18日 01時38分~、ISO1600、240秒×4枚
撮影機材:EOS kissX3(改)、BORG77ED+レデューサー0.85xDG・L+LPS-P2
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県北設楽郡設楽町、段戸山牧場

こんにちは。
上の画像は4月17日に段戸山牧場で撮影した、へびつかい座の球状星団M10です。おとめ座銀河団中心部にあるメシエ天体は前回記事のM85で終了しましたので、安心して夏の領域の天体に手を出すことができます(笑)

いつもの大きさ(1200ピクセル×1200ピクセル)で切り出してみました。M10は光度6.6等、視直径15.1’の大きな明るい球状星団なので単焦点鏡筒の77EDで撮影しても見栄えがします。
へびつかい座の球状星団M10 (拡大)


ランキングに参加しています。記事が気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村