Posts Tagged ‘セレストロンC5’

C5用の自作フラットナー

金曜日, 1月 18th, 2013

シュミカセ用の自作フラットナー
C5用のフラットナーが前記事のボーグのパーツの使用目的だったりします。今までC5はボーグのレデューサー0.85xDG・L【7887】と組み合わせて使っていましたが、77EDの方へレデューサーを返してしまったので、純粋にC5の直焦点で撮影すると収差も多くてパッとしませんでした。それで何とかしよう…、ということでの取り組みです。

もっとも自作と言ってもオリジナルではありません。R200SS用のコマコレクターは以前から持っていましたので、それを流用し、ボーグのパーツの使い方や組み合わせ方はこちらを参考にさせていただきました。まだ実戦には未投入ですが、今度の週末あたりにテストしてみようと思います。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

セロストロンC5強化計画、その2「フード」

金曜日, 11月 30th, 2012


上の画像は歪んだゴミ箱のようにも見えますが、C5用のフードです。
そして下の画像は材料で、ダイソーで買ってきたアルミカットシートとフェルトです。材料費はボンドも足して315円でした。鏡筒の内側に貼り付けたりする植毛紙というものがありますが、その真似をして「毛」そのもののようなフェルトをアルミのカットシートにボンドで貼り付けて、それを丸めてフードにしてみました。フェルトの効果なのかフラッシュを焚いて撮影していますが、フードの中は真っ黒に写っています。

とにかくペラペラな薄いアルミシートなので最初は強度が心配でした。しかし大量のボンドを使って(笑)、フェルトを貼り付けたのが効果があったのか、構造的にはアルミシートを二重に丸めただけですが、それでもかなりの強度があります。

このフードを11月24日の夜、実際に使ってみました。
下の写真は撤収直前の姿です。この夜は若干の風がありましたが、鏡筒に当たる部分はフェルトを重ね貼りしてキッチリとフィットするようにしたので風に揺らぐようなことはありませんでした。またヒーターを使って防露対策をしていますが(ヒーターの電源ケーブルが少し見えてます)、ヒーター部も含めてフードの中に納まるような長さにしたので熱の外への発散が押さえられたのか補正板に露が付くようなこともなく、フードとしての機能は十分に果たしてくれたようです。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

しし座の銀河トリオ M65・M66・NGC3628

木曜日, 11月 29th, 2012

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2012年11月25日 04時31分~、ISO1600、450秒露出4枚合成
撮影機材:EOS kissX2(改)、セレストロンC5 + 純正レデューサー + LPS-P2
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県豊田市、豊田市総合野外センター東駐車場

おはようございます。
11月25日未明に撮影した、しし座の銀河トリオ M65・M66・NGC3628です。例の新しく入手した純正レデューサーを使っての撮影です。しし座が昇ってくるのを見てしまうと、つい鏡筒を向けたくなる対象で、調べてみたら昨年も同じ時期に撮影してました。事前にピントは追い込んだ筈だったんですが、ずいぶんとピンボケで星像がポッチャリしてします(汗)

下の画像はコンポジット用に撮影した1枚画像をリサイズだけしたものです。

かなり周辺減光が目立ちますが、なんとか修正可能なレベルではあります。それよりも問題なのは周辺の星像の悪さで、ピンボケなので更にそれが強調されてしまいました。

中央部を切り出してみると、こんな感じです。ピンボケなので芯のある星像です。

それが右下付近では、こうなってました。同心円状に押しつぶされたような感じです。
う~ん…


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

りょうけん座の球状星団M3

火曜日, 11月 27th, 2012

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2012年11月25日 05時30分~、ISO1600、120秒露出2枚合成
撮影機材:EOS kissX2(改)、セレストロンC5 + 純正レデューサー + LPS-P2
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県豊田市、豊田市総合野外センター東駐車場

おはようございます。
これも前記事のM51に続いて、11月25日の早朝に撮影した画像です。11月末でも明け方になると春の星座が昇ってくるので、りょうけん座の球状星団M3を狙ってみました。もっとも薄明の開始から30分程度も過ぎていると背景の空は青みを帯びて既に明るかったです。明け方の雰囲気を出そうとレベル調整で3色を弄らずにそのままにしてあります。

空の暗い深夜以降に撮影する場合が多いので、少し気が早いですが、そろそろ春の銀河狩りシーズンに突入です。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

子持ち銀河M51と、うわぁ!…、な結果

月曜日, 11月 26th, 2012

[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2012年11月25日 05時08分~、ISO1600、450秒露出3枚合成
撮影機材:EOS kissX2(改)、セレストロンC5 + 純正レデューサー + LPS-P2
使用架台:SE2赤道儀、ガイド鏡:miniBORG50+StarShoot AutoGuider
撮影場所:愛知県豊田市、豊田市総合野外センター東駐車場

今朝、薄明が始まった直後の頃から撮影を開始した、りょうけん座の子持ち銀河M51です。上画像はM51付近を切り出しています。撮影した時刻が時刻なので背景が明るいのは仕方がないですが、画像処理をしようとファイルを開いた瞬間、思わず「うわぁ」と声が出ました(笑)

下の画像を見てもらうと一目瞭然なのですが、周辺減光が酷くて周辺部の星像が悪いです。同じくらいの焦点距離では102Mとクローズアップレンズの組み合わせの方が格段に上です。純正のレデューサーということで過信していたのかもしれませんが、これはちょっと撮影用には使い物にならないかもしれません。眼視用で使ってみたところ、それほど気にはならなかったので、これはきっと眼視用ということなんでしょうねえ…

ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村