Posts Tagged ‘M42マウント’

土星、月、金星、そしてスピカ

月曜日, 9月 9th, 2013

土星、月、金星、そしてスピカ[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2013年09月09日 19時23分
撮影機材:kissX2(改)、Super-Takumer 55mm+LPS-P2、ISO800、2秒露出
撮影場所:愛知県みよし市、自宅ベランダ

こんばんは、上の画像は今日の夕方の西の空です。
会社から慌てて帰ってきて、付けっぱなしだったレンズで撮影しました。付けっぱなしだったのはレンズだけではなく、フィルターもです(汗)。光害カット用のフィルターを使っていますが、ほとんど意味はありません。

月の上方に土星、月の斜め下に輝いているのは金星です。そして拡大して見てみないと分かりませんけど、森の上に伸びている送電線の上の雲の間に辛うじて乙女座のスピカの姿が確認できました。という訳で下はスピカ部分の拡大です。
スピカ


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

さそり座からケフェウス座に至る夏の天の川【Super-Takmar 28mm F3.5】

日曜日, 5月 12th, 2013

夏の天の川[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2013年05月04日 23時58分~、ISO1600、各180秒4枚合成
撮影機材:EOS kissX2(改造)、Super-Takmar28mmF3.5+LPS-P2
使用架台:ビクセンSP赤道儀改造ポタ赤
撮影場所:愛知県愛知県北設楽郡設楽町、段戸山牧場

5月4日の夜に撮影した画像をモザイク合成して、さそり座からケフェウス座に至る夏の天の川を1枚の画像にまとめてみました。奇しくも右端はアンタレス、左端にガーネットスターと赤い星に始まって赤い星に終わってます。

日付が変わる頃に最初のコマの撮影を始めて、最後のコマの撮影が終わったのが1時40分頃でしたので、久しぶりの長丁場でした。まだ天の川の高度は低くて、もう少し後の方が条件的には良かったと思いますが、これくらいの高度の方が各コマの構図は決めやすかったです(笑)

あまりにも横長なので2分割して再合成し直したのが下の2枚です。
さそり座・いて座付近
はくちょう座付近


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

夜明けの空に消えていく天の川【微速度撮影】

水曜日, 5月 8th, 2013

さそり座と天の川[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2013年05月05日 03時33分、ISO3200、15秒露出
撮影機材:EOS kissX3、ZENITAR 16mm F2.8(開放)
撮影場所:愛知県愛知県北設楽郡設楽町、段戸山牧場

おはようございます。
上の画像は動画にしようと5月5日早朝に段戸山牧場で撮影したなかの1枚です。空が明るくなり星が見えなくなってしまうまでインターバルタイマーを使って撮影を続けてました。

カメラを南を向けて撮影していますが、この画像を見ると南から西にかけての方向は、街が寝静まっている未明の時刻でも明るいことがわかります。奥三河と言っても比較的西寄りにある段戸山付近からでは南方には豊田市や岡崎市、西方には名古屋市があるので、どうしてもこの方向の空の状態は良くありません。

上の1枚を含めて同じ条件で撮影した129枚から作成した動画です。元画像の撮影時刻は午前3時33分から4時10分の間です。

さらに比較明合成もしてみました。こちらは41枚の画像で作成しています。
南の星の軌跡


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

さそり座の尻尾付近 (Super-Takumer 55mm)

月曜日, 5月 6th, 2013

さそり座の天の川[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2013年05月05日 02時29分~、ISO1600、180秒4枚合成
撮影機材:EOS kissX2(改)、Super-Takumer 55mm F1.8 + LPS-P2
使用架台:ビクセンSP赤道義改造のポタ赤
撮影場所:愛知県愛知県北設楽郡設楽町、段戸山牧場

5月4日の深夜に撮影した、さそり座の尻尾付近の天の川です。
PENTAX製の古いレンズでM42マウントの「Super-Takumer 55mm F1.8」をF4まで絞って撮影しました。大きく絞った効果もあって星像は周辺までシャープですが、微妙にマウントアタプターが傾いているのか、画像の右上の星像が青っぽいのに対して左下では微妙に赤っぽくなってます。

使用した架台は最近の流行に逆らって(笑)、古い赤道義の極軸だけを利用した超巨大ポタ赤です。極軸望遠鏡を内蔵しているので極軸合わせは簡単ですし、もともと望遠鏡を乗せるための架台なので剛性もあり、55mm程度のレンズなら安心して放置しておけます。

この画像の中には6個のメシエ天体と、かなり目立つ赤い星雲が2個含まれているので、文字を入れてみたのが下の画像です。M19とM62は球状星団ですが、面積があるので明るめの恒星のような姿で写ってます。
さそり座の天の川(文字入り)

それにしても画像中央上端付近に広がる暗黒星雲の黒々とした姿は圧倒されてしまいます。この黒い部分がパイプ星雲(LDN1773)です。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

沈んでいく北斗七星と昇るカシオペア座【微速度撮影】

日曜日, 5月 5th, 2013

北天の軌跡[画像をクリックすると大きく表示されます]

撮影日時:2013年05月05日 03時05分~、ISO1600、15秒84枚合成
撮影機材:EOS kissX3、ZENITAR 16mm F2.8(開放)
撮影場所:愛知県愛知県北設楽郡設楽町、段戸山牧場

明日から通常の仕事なので、自分にとっては今日がGW最後の日です。それもあって月も小さくなってきたことですし、昨夜は段戸山牧場まで出かけてきました。昨日は夕方には小雨がパラついていましたが、深夜の段戸山牧場は快晴で星空が楽しめました。

今の時期は明け方近くになると北斗七星とカシオペア座が同じくらいの高度になり、北の空の主役が入れ替わります。撮影対象も春の銀河から夏から秋に明けての赤い星雲に移り変わってくる季節ですね。

短いですが、動画にしてみました。24分を21秒に短縮しています。


ランキングに参加しています。記事がお気に入りましたら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村